パナソニックは、スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器「おどり炊き」SR-VSX1シリーズを6月1日より発売します。実売予想価格は5.5合炊きのSR-VSX101が12万1000円(税込)、10合炊きのSR-VSX181が12万6500円(税込)。

↑スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器「おどり炊き」SR-VSX1シリーズ。左から-K(ブラック)、-W(ホワイト)

 

新米も、買い置きして乾燥した米もおいしく炊き分ける

本製品は大火力IH、可変圧力、高温スチームの3つの要素を、お米の状態(鮮度、銘柄、出来栄え)に応じてコントロールして炊き分ける「おまかせ見極め炊き」を搭載。新たに「追い炊き」工程でお米の状態に合わせてスチームの温度を変えることで、新米も、乾燥した米もよりおいしく炊き分けられるとのこと。例えば、水分量の多い新米の場合は、250℃の高温スチームで余分な水分を飛ばすことでハリを約10%アップさせます。買い置きの乾燥したお米の場合は、スチーム温度を180℃にすることで、パサつきや甘さの低減を抑制。みずみずしさも改善して炊き上げます。

↑新米と乾燥した米を見極めて炊き分けます

 

また、冷凍保存や保温を前提とした「まとめ炊き」需要に応える機能も強化しました。従来から好評の「スチーム保温」では、保温中のスチームの噴射の回数を増やすことで乾燥を抑制。やわらかさを維持し、ごはんの黄ばみも抑えます。新たに搭載した「冷凍用ごはん」コースは冷凍・再加熱後もほぐれがよく、粒の中までやわらかいごはんになるように炊き上げるとしています。

↑「スチーム保温」機能の強化で12時間後のごはんのやわらかさがアップ

 

このほか、銘柄炊き分けは、業界最多の63銘柄に対応。「キッチンポケット」アプリとの連携も可能で、お米の出来栄えに応じて炊飯プログラムが更新されたり、新しい銘柄の炊飯プログラムが配信されたりするなど、購入後もアップデートできるのが魅力です。

新米も乾燥した米もおいしく炊き、保温や冷凍保存のための機能も強化して、幅広いニーズに対応するSR-VSX1シリーズ。ぜひ注目してみてはいかがでしょうか。