マイクロメーター単位でデジタル設計された、次世代の3Dプリントともいうべき製造工程によって生み出されるミッドソール“アディダス 4D”。人気モデルの「ウルトラブースト」のアッパーを組み合わせたフュージョンモデル「ウルトラ 4D」がリリースされてヒットを記録したりと、スニーカーシーンでは何かと話題のソールテクノロジーです。

 

【アディダス オリジナルスの「4D FUSIO」を写真で先見せ(画像をタップすると拡大画像が表示されます)】

 

格子状のミッドソールを覆うラバー製のカバーが新鮮です!

アディダス 4Dは多くのスニーカーフリークたちから熱い注目を集めているにもかかわらず、そのソールテクノロジーを搭載したシューズはここ最近ご無沙汰でした……。アディダスでもカーボン搭載ソールが開発されたので、“そっちに力を入れているのかな”と思っていたら、前触れもなくいきなり新作のランニングシューズ「4D FUSIO」が登場しました!

↑アッパーにはニットを使用しケージも設けているので、足を包み込むようなしなやかさと確実なホールド力を兼ね備えています

 

↑さらにアッパーのサイドから伸びる樹脂製のコードがシューレースと繋がり、シューズ全体で足をしっかりとホールドします

 

↑シュータンとアッパーが一体になったブーティ構造で、シューズと足とのフィッティングを高めてくれます

 

↑4Dミッドソールの入り組んだ細かいグリッドは、強力な推進力を発揮し着地の衝撃を分散、足の動きを正確にサポートしてくれます。さらに、ミッドソール上部にはラバー製のカバーを設け耐久性を高めて、ホコリなどの侵入を防ぎます

 

あらためて見ると、4D FUSIOはソール部分だけでもかなりのインパクトがありますね。しかもカバーも設けられて、ますますシューズの存在感が増しています。カーボン搭載型の厚底ミッドソールは高性能でもちろん言うことありませんが、個人的には“アディダス 4D”がツボです! 4D搭載モデルのさらなる発展を期待しています。

アディダス オリジナルス
4D FUSIO
2万7500円(税込)

 

アディダスお客様窓口
TEL:0570‐033‐033