グループセブ ジャパンは、ティファールから「ラクラ・クッカー プラス コンパクト電気圧力鍋 CY352AJP」を発売します。参考価格は3万250円(税込)。

↑「ラクラ・クッカー プラス コンパクト電気圧力鍋 CY352AJP」のサイズは約W260×D285×H283mm、質量は約4.2kg。容量は3.0Lで、最大圧力は70kPa(一定)。蒸し台(蒸し料理用)、炊飯用カップ、レシピブックが付属

 

1台10役から16役にパワーアップ

本製品は、昨年発売した「ラクラ・クッカー コンパクト電気圧力鍋」が進化した新モデルで、従来の1台10役から16役に増強されました。デジタルディスプレイに表示される16種類のモード(調理モード:8種類/炊飯モード:4種類/レシピモード:4種類)から選ぶだけで、簡単に料理が作れます。

↑食材を入れて、ボタンを押すだけで料理が完成

 

調理モードは、従来の「圧力」「蒸す」「煮る」「炒め」「低温」のほかに、「無水」「発酵」「ベイク」が加わりました。これにより、食材の旨みが凝縮される無水モードで肉じゃがやラタトゥイユを作ったり、22〜59℃で温度設定ができる発酵モードで、ヨーグルトや味噌などの発酵食品を作ったりすることもできます。さらに、この発酵モードでパンの生地を発酵させ、そのままベイクモードでふっくらモチモチのパンを焼くことも可能です。

↑新たに追加された「発酵」と「ベイク」モード

 

また、炊飯モードにはこれまでの「白米」「玄米」に加えて「餅米」「お粥」を追加。レシピモードには人気の定番料理である「カレー」「角煮」に加えて「豆類」「なべ」を新たに追加しています。

↑炊飯モードでは「餅米」「お粥」、レシピモードでは「豆類」「なべ」を新たに追加

 

このほか、従来モデルから踏襲する圧力モードでは、通常の鍋と比べて最大1/3まで調理時間を短縮することが可能。低温モードでは、60〜90℃の低温でじっくり加熱してお肉料理を柔らかくジューシーに仕上げます。

↑圧力モードは調理時間を最大1/3まで短縮します

 

最大12時間の予約調理機能や最大24時間の自動保温機能も搭載。容量は3Lあり、料理は最大4人分、炊飯は4合まで炊くことができます。また、内ぶたやポット(内鍋)を取り外して洗うことができるので、使用後のお手入れもカンタン。105レシピを掲載するレシピブックが付属するので、忙しい平日は時短に活用し、時間のある週末には手の込んだ本格調理に挑戦するといった使い分けも可能です。より多機能に進化した「ラクラ・クッカー コンパクト電気圧力鍋」。新生活をサポートする心強い味方として、ぜひ注目してみてください。