ネットの普及により、さまざまなことが無料で学べるようになりました。動画サイトには、無料で観ることができる資格試験や受験勉強の学習動画もたくさんあります。このことにより、語学学習の費用も格安になりつつあるようです。

無料の師匠が大勢

大学生の娘がアコースティックギターを弾けるようになり、楽しそうに弾き語りをしています。彼女は誰に教わったわけでもなく、YouTubeを観て独習したそうです。「アコギ 初心者」で検索すると、何人もの人がレクチャー動画をアップロードしているので、その中から自分に合いそうな人を見つけて、動画を一気に観てコードなどを覚えていったそうです。

 

動画の時代と言われるだけあって、YouTubeだけでなく、Googleで検索をすると、国語算数理科社会などの勉強はもちろん、料理や掃除や片付けのコツといった家事の習得、それから歌やランニングなど、何かを始めたいと思った人に丁寧に教えてくれる動画が山のように出てきます。やる気さえあれば、どんどん技術を身につけることができるのです。

 

よりリアルに近い習得に

今までは、こうした親切な無料レクチャーは、ブログに多くありました。写真を何枚も載っていて、わかりやすいものも多かったのですが、動画はより対面に近く、習得しやすくなっていると感じます。そして語学も、無料動画で習得する人が急増しています。

 

『ムダなお金をかけずに英語が話せる!』(日経WOMAN・編/日経BP・刊)では、無料アプリや無料ニュースサイトなどを利用して、安く英語を覚えて活躍する女性たちのコツが満載されています。有料の方法もありますが、驚くほど格安に抑えられていて、お金をかけずに学ぶことができる時代が来たと感じます。

 

動画学習で決めゼリフを暗記

私自身もこのガイドに出てくる「English Central」という無料動画アプリで学習をしたことがあります。1-2分の短い動画が1万本以上収録され、そこには日本語と英語の字幕が付いています。興味のあるものを選び、アプリの指示に従って、動画と同じような発音になるまで何度も繰り返して練習できるというものです。

 

動画を観ながらセリフを繰り返すので、確かにとても記憶には残ります。けれど、私が好んで観たのはアクションものが多かったので「Kill them all!(皆殺しだ!)」などという物騒なセリフを習得してしまいました。でも、一度覚えたフレーズは単語を多少入れ替えれば応用できます。例えば「Love them all!(みんなを愛する!)」などと使い回せるので、少しは私の英語の幅も広がったはずです。

 

続けることの大切さ

ただただ英単語を覚えるよりは、こうしてフレーズで覚えていったほうが頭に入ってきやすく、また、臨場感あるセリフを口にすることでお芝居をしているような気持ちにもなれるため、無味乾燥な例文よりはずっと楽しく学習できるのです。

 

最近は学校に通ったり留学しなくても、こうした動画サイトやアプリで英語を習得して話せるようになったという人も出てきています。ガイドにも、その人ごとに好みや目的に沿って、安く工夫して英語を学習している様子がぎっしり紹介されています。日本にいながら外国語を覚えられるのだと思うと、やる気も湧いてきます。

 

何かを学びたいのに学費が高額で難しい、そんな悩みはオンラインの豊富なコンテンツのおかげで解消されつつあると感じています。格安学習法だけでなく、英語を活用するための記事も豊富なので、この1冊があればかなり心強いし、頑張る気持ちも湧いてくることでしょう。

 

 

【書籍紹介】

ムダなお金をかけずに英語が話せる!

著者:日経WOMAN
発行:日経BP

すきま時間でラクラク続く学び方、イマドキの0円学習法も満載! 時間もお金もできるだけかけずに、英語が話せるようになったら。そんな夢をかなえてくれる、「ラクして楽しく英語力がアップする」方法がありました!

楽天koboで詳しく見る
楽天ブックで詳しく見る
Amazonで詳しく見る