ブラックシャーク科技ジャパンは5月31日、5G対応のゲーミングスマートフォン「Black Shark 4」の日本向けモデルを順次販売すると発表。また、販売に先駆けて、6月4日19時からオンラインで製品発表イベントとPUBGモバイルカスタムマッチ大会を開催することを発表しました。

 

Black Shark 4は8GBメモリーと128GBストレージ搭載の下位モデルと、12GBメモリーと256GBストレージ搭載の上位モデルをラインアップ。価格は下位モデルが5万9800円、上位モデルが7万2000円です。下位モデルは7月20日に販売を予定しているほか、6月4日のイベント終了後に先行予約を開始します。いっぽう、上位モデルの販売開始日は未定となっています。

 

Black Shark 4は、2021年3月に中国で発表されたモデル。本体側面に収納可能なゲーム操作用の物理ボタンや、本体内部のチップをサンドイッチする2つの液体冷却ユニットを搭載する、ゲーミングスマホです。物理ボタンはLボタンとRボタンがそろっており、軽いタッチで素早く反応するとしています。

 

また、6.67型の有機ELディスプレイを搭載。解像度は2400×1080ドットで、リフレッシュレートは144Hz、タッチサンプリングレートは720Hzと、美しいうえになめらかな映像表示と良好なタッチ感度を実現しています。

 

CPUにはQualcommのSnapdragon 870を搭載。さらにメモリーはデータ転送速度が速いLPDDR 5、ストレージは書き込みや読み込み速度が速いUFS 3.1を採用しています。カメラはメインが4800万画素、超広角が800万画素、マクロが500万画素の3眼構成です。バッテリーは4500mAh。5Gの対応バンドはn1/n3/n8/n28/n41/n77/n78で、sub6もカバーしています。

 

このほか、ゲーム中にディスプレイ設定やオーディオ設定を変更したり、隠れた敵を見つけやすくするために画面の色を反転させるハンティングモードや神シーンを30秒遡って録画するシャークタイム機能が使えたりする「Shark Space 4.0」も搭載されています。

 

なお、アクセサリーとしてイヤホンやクーラーなども一部を除き7月20日に販売予定です。