レンジで温めるだけで、いつでも手軽に食べられる冷凍食品。近年ではチャーハンやパスタなど豊富なラインナップを展開していますよね。そこで、今回購入したのは、セブン−イレブンと「蒙古タンメン中本」のコラボ商品「蒙古タンメン中本 カレー誠炸羅麺」(321円/税込)です。激辛メニューが有名な人気店監修ということで、どれほどの辛さが楽しめるのかレビューしていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

【関連記事】
辛党集合!「クレイジーホットチキンフィレバーガー」(ロッテリア)で“クレイジー”な辛さが体感せよ

 

 

●「蒙古タンメン中本 カレー誠炸羅麺」(セブン−イレブン)

多くのファンを持つ「蒙古タンメン中本」。お店の味を再現したインスタントラーメンもコンビニやスーパーで販売されています。その中で、同商品は中本秘伝「辛旨カレーメニュー」を汁なし麺にアレンジした、お店では食べられないオリジナルメニューとのこと。果たしてその味はいかに……?

 

外袋から取り出し、具入りの麺を内袋のままレンジで約6〜7分加熱します。同商品は別添で「花椒入り辣油」が付いてくるのもポイント。「花椒入り辣油」なしだと“味噌タンメン級”、半量なら“蒙古タンメン級”の辛さになるそうです。そして全量加えると、蒙古タンメン中本いわく「辛さを極めた」味である“北極ラーメン級”に。自分好みの辛さに調整できるのがうれしいですよね。

 

まずは「花椒入り辣油」を加えずに食べてみると、ほどよくスパイシーなカレーの風味が口の中に広がりました。じゃがいもやニンジンがごろごろ入ったソースも、思ったより辛味は強くありません。「激辛はちょっと……」という人でも食べやすい味に仕上がっていました。

 

それでは「花椒入り辣油」を少しだけかけてみましょう。するとピリッとした刺激が感じられ、蒙古タンメンで馴染みのある風味とコクを堪能。花椒のスパイシーな香りがたまりません。

 

最後はすべての「花椒入り辣油」をトッピング。一気に辛味が増し、舌と喉のヒリヒリが止まらなくなりました。食べる際は少しずつ加えていきながら、ちょうどいい辛さを探っていくことをオススメします。

 

実際に購入した人からは「もちもちの太麺がソースと絡んで、冷凍食品とは思えないクオリティー」「花椒の香りとカレーが合う!」といった反響が続出。好きなときに激辛メニューを楽しめる同商品を、冷凍庫に常備してみては?

 

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
「麺屋武蔵」が真剣(マジ)でこだわった!「麺屋武蔵監修 辛真剣そば」(ローソン)の“豚骨魚介だれ”がたまらない