前回に続き、投資初心者の疑問や不安を解消し、効率良く資産を運用するコツを解説。今回は、少額から投資をはじめる初心者でも使いやすい、オススメのネット証券を紹介する。

 

【第1回の記事】

 

【1】ユーザー数ナンバーワン!手数料はネット証券最安級

「かんたん積立」アプリ画面

SBI証券

口座数600万を突破し、ネット証券のなかでナンバーワン。投資信託を100円から購入でき、原則すべてノーロード。国内ETF119銘柄の売買手数料が無料なのもうれしい。ポイントサービスとの連携を強化し、Tポイントでの投信購入や、積立投資でのVポイント獲得が可能だ。

 

スマホ対応状況 ブラウザ、アプリ
対応ポイント Tポイント、Vポイント(Vポイントは6月30日以降)
投信本数(つみたてNISA対応) 2692(174)
iDeCo銘柄数 34(セレクトプラン)
自動スイープ 対応(住信SBIネット銀行)
ロボアドバイザー あり(WealthNaviと提携)

 

<ココが使いやすい!>

①Tポイントをおトクに使う&貯めるチャンスも!

期間固定ポイントを含むTポイントで投資信託を購入可能。さらに、投資信託の月間平均保有額に対して年率0.1%(※)がTポイントで付与される。

※月間平均保有額が1000万円未満の場合。1000万円以上は年率0.2%相当

 

②三井住友カードの決済でVポイント獲得!

三井住友カードが発行するクレジットカードで投資信託を積立購入すると、0.5%相当のVポイントが還元されておトク。サービス開始は6月30日。

 

【2】楽天カードでの投信積立で1%ポイント獲得可能

●スマホ版投信取引画面

楽天証券

投資信託は100円から購入でき、国内ETF113銘柄の手数料が無料に。株式取引などの手数料の1%ぶんの楽天ポイントが還元されるのも大きな魅力。さらに、投信を楽天ポイントで購入でき、積立では楽天カードでの決済でポイント還元があるなど、楽天グループのサービスと相性抜群だ。

スマホ対応状況 ブラウザ、アプリ
対応ポイント 楽天ポイント
投信本数(つみたてNISA対応) 2699(172)
iDeCo銘柄数 32
自動スイープ 対応(楽天銀行)
ロボアドバイザー あり(楽ラップ)

 

<ココが使いやすい!>

①楽天カードでの決済で楽天ポイント1%還元!

毎月5万円を上限として、投資信託の積立注文の決済方法に楽天カードを利用できる。購入金額に対して1%ぶんの楽天ポイントを付与。積み立てるだけで1%の利益を確保できるのがおトクだ。

 

②楽天ポイントを使えてSPUの対象にもなる!

楽天ポイントで投資信託を購入可能。1P以上のポイントを利用して、500円以上の投資信託取引をすることでSPU+1倍の対象になる(※)。楽天経済圏の利用者なら見逃せないサービスだ。

※: SPUは、楽天グループの利用状況により、楽天市場の利用によるポイント還元が最大15倍になるプログラム。楽天証券のポイントコースを「楽天ポイントコース」に設定する必要がある

 

【3】ロボアドも100円からOK! 分散投資を気軽に

●松井証券「投信アプリ」画面

松井証券

100年の歴史を持ち、日本で業界初となるネット取引をはじめた証券会社。取り扱っている投資信託はすべてノーロード。ロボアドバイザー「投信工房」は100円からはじめられ、電話サポートがあるのも安心。現物個別株の場合、1日の売買代金が50万円までは手数料無料で取引できる。

スマホ対応状況 ブラウザ、アプリ
対応ポイント なし
投信本数(つみたてNISA対応) 1436(168)
iDeCo銘柄数 40
自動スイープ 非対応
ロボアドバイザー あり(投信工房など)

 

<ココが使いやすい!>

①ロボアドでの投資を100円からスタート可能!

「投信工房」は、簡単な8つの質問に答えるだけで、最適な投資資産の組み合わせを提案するロボアドバイザー。最低投資金額は100円で、少額でも気軽に分散投資できるのがうれしい。

 

②ロボアドの手数料が無料で少額でも有利な取引が可能

取り扱い投資信託がすべてノーロードで、少額からはじめやすい。「投信工房」が提案するモデルポートフォリオの信託報酬は年率最大0.38%と、ローコストな運用で効率的に資産を増やせる。

 

小さい単位で購入可能! 株取引入門ならココ!

個別株の取引は、銘柄によって数万円〜数百万円の資金を用意する必要があり、ハードルが高い。気軽に体験してみたいなら、主にスマホでサービスを提供する証券会社を利用しよう。100円からの金額指定や1株単位で売買可能だ。

 

【4】「LINE」アプリで気軽に投資をはじめる!

LINE証券

「LINE」アプリやスマホサイトで取引可能。1株単位で株式やETFを売買できるのが手軽だ。購入時には手数料がかからず、売却時の手数料は、代金が5万円以下の場合99円と、少額投資に有利な手数料体系になっている。LINEポイントを1P=1円で入金できるのも便利だ。

 

【5】手数料は格安で、Tポイントでの投資に対応!

SBIネオモバイル証券

1株から国内株式やETFを売買できる。Tポイントを利用して個別株を購入できるのは、本証券会社だけ。月額サービス利用料は、月間の売買金額50万円まで220円だが、毎月期間固定Tポイント200Pと前月の利用料に応じたTポイントが付与されるため、実質的にほぼ無料だ。

 

【6】株を100円から購入できてdポイントも使える!

日興フロッギー

100円から100円単位で金額を指定して購入できる。100万円以下の場合、手数料は購入時無料、売却時に代金の0.5%の手数料が発生する(※)。dポイントでの投資が可能で、期間・用途限定ポイントも使える。投資に関する読み物が豊富で、記事から株を買える機能がユニークだ。

※:注文金額が100万円を超える場合、売買ともに1%の手数料が発生

 

次回は、投資信託(つみたてNISA含む)、iDeCo、ロボアドバイザーのはじめ方を解説!

 

※こちらは「GetNavi」 2021年6月号に掲載された記事を再編集したものです

※表のデータは2021年4月1日時点の情報です

文/星 政明 イラスト/勝間田しげる 監修/篠田尚子