リモートワークも当たり前となった今日この頃、仕事は自宅だけでなく気分転換にカフェやマンガ喫茶など、様々な場所で行うノマドワーカーって方も多いのではないでしょうか? そのようなビジネスマンには、ノートPCやデジタル機器の収納が便利なバッグがおすすめ。

 

しかし、デジタル機器を収納する事に特化したバッグはやぼったいものが少なくありません。スーツスタイルに合う、またはラフなカジュアルスタイルでも似合うオン・オフで使えるバッグが欲しい。さらに言うと、誰ともカブらないモデルが欲しい、という考えを持っている方もいると思います。

 

そんな悩みにピッタリとマッチするバッグを見つけましたよ。日本の優れたカバン作りを世界に発信する気鋭のバッグブランド、beruf baggage(ベルーフバゲージ)の「URBAN EXPLORER 16 バックパック」です!

 

【ベルーフバゲージ「URBAN EXPLORER 16 バックパック」の写真を先見せ(画像をタップすると拡大表示されます)】

 

シンプルなデザインとは裏腹な高機能に男心が奪われます!

ベルーフバゲージ全ての製品は日本国内の信頼できる工房で、職人の手によって1つずつ丁寧に作られています。本作は、都市を行き交うトラベラーやビジネスパーソンのためにデザインされたライトウェイトの多機能バックパックです。メインコンパートメントにはPC用のスリーブや小物の収納に便利なオーガナイザーを搭載しつつ、スーツはもちろんカジュアルな装いにもピッタリなシンプルデザインで、スーツにジャケパン、Tシャツまで、合わせるスタイルを選びません。しかもボディ生地はアウトドアギア向けの高機能素材「X-PACナイロン」を採用していて、タフにガンガン使えるのも魅力的ですね。

↑ボディ生地は、アメリカのDIMENSION-POLYANT社がアウトドアギア向けの高機能素材として開発した「X-PAC」。わずか1mm程度の厚さにもかかわらず、撥水性・耐久性・防水性・軽量性を実現する4層構造となっています

 

↑さらにファスナーはYKK製「止水ファスナー」を採用して、耐水性をさらに高めています

 

↑サイドファスナーポケットのホールを利用して、バッグ内部のモバイルバッテリーとモバイルデバイスを接続可能にしています

 

↑内蔵パネルには13インチまでのノートPCやタブレット、各種ケーブル、モバイルバッテリー、モバイルルーター、メモパッド、ペンなどが収納可能。しかも着脱ができ、場所を選ばずに快適なワーク環境を作ることができます

 

↑背面のクッションパッドの裏側にはセキュリティーポケットも配されています

 

↑背面に配置したストラップを使用して、キャスターバッグのハンドルに固定できます

 

ベルーフバゲージはサイクリストのためのバッグを作り続けているブランドというだけあって、機能性やフィット感など抜かりはありませんね。しかも国内の信頼できる工房で丁寧に作られているジャパンメイドなので、クオリティも申し分ありません。X-PACナイロンならではのクロス柄の生地感も特徴的で、オールブラックながらも強い存在感を放っていますね!

beruf baggage
URBAN EXPLORER 16 バックパック
3万4980円(税込)

■サイズ:W29×H41×D14cm/容量:16L