暑い季節にうれしいひんやりメニュー“冷し中華”。夏の楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。今回購入したのはファミリーマートから発売中の「マシマシにんにく冷し中華」(598円/税込)。行列のできる人気ラーメン店「千里眼」とのコラボ商品には、どのようなこだわりがあるのでしょうか。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

【関連記事】
5種類の醤が織りなす本格的な味わい!「醤が決め手! 四川風麻婆豆腐丼」(ファミリーマート)は冷凍食品とは思えない高クオリティー

 

 

●「マシマシにんにく冷し中華」(ファミリーマート)

冷し中華といえば、さっぱりとした酸味のあるスープのイメージがありますよね。しかし同商品のスープは白湯ベースの醤油スープを使用しています。ひと口食べた瞬間にガツンとしたにんにくの香りが広がり、これまでの冷し中華のイメージを一気に覆されるような衝撃を感じました。

 

 

公式サイトによると“ワシワシ感”が強い中華麺は硬くて太め。もちもちで弾力があり、食べごたえも抜群です。スープがよく絡んだ麺は、思い切りすすったときの爽快感がたまりません。

 

トッピングのメインは直火焼き鶏チャーシュー。大きなチャーシューはしっとり柔らかく、噛むたびに肉の旨味がじゅわっと染み出します。脂っこさを感じさせないあっさりとした味つけなので、濃厚なスープとの相性もばっちり。たっぷり乗せられた生野菜の、シャキシャキとした食感も爽やかさを演出していました。

 

ポイントは「千里眼」発祥の“辛口揚げ玉”。実店舗では“辛揚げ”という名前で親しまれている、その名の通り辛い揚げ玉です。麺と一緒に食べるとサクサクこうばしいだけでなく、ピリっとした辛味がアクセントに。辛味が苦手な人でもおいしく食べられるくらいの、ほどよい辛さがクセになります。

 

実際に同商品を食べた人からは、「千里眼の味がコンビニで食べられるなんて! 名物の辛揚げも再現されていて満足度の高い一品」「にんにくの効いた冷し中華は初体験だったけど、とろっとした濃いスープにハマりそう」「チャーシューがたくさん乗っていてうれしい。ボリューム満点でお腹いっぱいになりました」など好評の声が続出。あなたも“ガッツリ系冷し中華”を食べて、暑い夏を乗り切ってみては?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
ドリアの上にハンバーグがドン! ローソンの「三代目たいめいけん監修ハンバーグカレードリア」はおトク感がたっぷり