アッパーのボリューム感があふれるフォルムとフューチャリスティックなルックスで人気を獲得した「RSシリーズ」をメインに、ダッドシューズフィーバーを牽引したブランド、プーマ。 しかし昨今では「スエード」や「クライド」などベーシックなモデルも再び注目されはじめ、1980年代に登場した名ランニングモデル「ファストライダー」もヒットしたりと、プーマのレトロモデルの魅力を再認識している今日この頃です。そして、レトロランニングというカテゴリー自体が盛り上がりを見せている今季を見越してのことか、プーマから新たなランニングモデルの復刻版が出てきました。それが「イージーライダー II」です!

 

【プーマ「イージーライダー II」の写真を先見せ(画像をタップすると拡大表示されます)】

 

名作のひとつイージーライダーIIが再登場!

本作は1978年代にランニングシューズとしてデビューした「イージーライダー」をベースに、1980年に登場した「ファストライダー」のアウトソールをドッキングさせたハイブリッドモデル。ヴィンテージプーマらしいレトロなルックスを備えながら、“フェダーバインソール”で構成したアウトソールが組み合わさり、シックで大人な雰囲気と快適な履き心地を両立させています。

↑アッパーはナイロンと天然皮革、シンセティックレザーのコンビネーションでスマートな印象へと仕上げられています

 

↑軽量で優れたクションニングを発揮するEVAミッドソールの表面に窪みを設けることで、よりクッション性を高めています

 

↑ペンシルバニア州立大学教授のピーター・カバナー博士とプーマが1980年に共同開発した「フェダーバインソール」。二股に分かれたゴム製のスタッドが着地時に衝撃を左右に逃がしながら、地面をかむことで、クッショニングとグリップ力を同時に高めます

 

↑ヒールはアウトソールがアッパーまでめくり上げられていて、クラシック感を盛り上げています

 

マスタードカラーをベースにしたシックな雰囲気が、大人の休日スタイルにピッタリですね。レトロなフォルムをベースに複数の素材を使い分けたディテール使いで、モダンな雰囲気も十分。モダン&レトロを具現化した一足と言えるでしょう。 しかも価格は税込でアンダー1万円。コスパ良過ぎっス!

プーマ
イージーライダーII
9900円(税込)

※7月下旬発売予定

 

プーマ お客様サービス
TEL:0120-125-150