前編では、付録ペーパークラフトの作り方の基本的なポイントと、実際の作り方の第一段階、船体を作るところまでご説明しました。この後編では、艦橋、煙突、マスト、そして各種の砲を作り、完成するところまでを解説します。

 

【前編はこちら】

 

【関連記事】
超リアル!「歴史群像」8月号付録・戦艦『大和』超精密ペーパークラフトのクオリティーが高すぎる!

 

 

甲板上の構造物〜艦橋、煙突、マストを作る

●艦橋

艦橋部分は多数の細かいパーツで構成されています。個々のパーツを正しく作り、接着できるよう、折り線部分をしっかり折れるように目打ち等でなぞって折りクセをつけ、付録の冊子に掲載されている完成見本の写真等も参考にしながら組み立ててください。

↑パーツが小さいので、切り抜きは慎重に

 

↑小さなパーツの折り線部分は、指ではなく、ピンセットでつまみながら行うと折りやすい

 

↑パーツ59は、折り線の間隔が狭い部分があります。組み立ての際はその部分が歪まないように注意しましょう

 

↑艦橋の基本部分の組み立てが済んだ状態

 

切り出して組み立てたパーツを手順に従って艦橋に接着します。写真では全てのパーツを切り出していますが、実際には、マニュアルの手順に従って、組み立てる部分に関係するパーツだけを切り出し、それらを組み立てたら次へと進むようにすると、パーツの紛失を防ぐことができます。

 

↑完成見本の艦橋付近の状態

 

●煙突

煙突のパーツ(パーツ63)は側面に菊水マークが付いているものと付いていないものの2種類あります。どちらかを選んで使用してください。2種類あるのは、この時期の『大和』にはこの絵柄が描かれていたという説もあるためですが、小誌本文でも紹介していますが、確たる証拠は残っていません。

 

煙突の前後は曲面になります。組み立てに入る前に曲げクセを付けておきましょう。

 

煙突を土台のパーツに接着する際は、煙突に歪みが出たり傾きが生じないように注意しましょう。

 

●マスト

マストはハサミマーク部分を先に切り抜き、次にアウトラインを切り出すと、切り取りの際に破損しにくくなります。

 

●後部艦橋

組み立てた各パーツを接着する際は、パーツの水平、垂直に注意しながら圧着して固定してください。

 

大和の代名詞、46センチ主砲から小さな機銃まで、各種の銃と砲を作る

●高角砲

高角砲の砲座のブルワーク(囲い部分)は曲げクセをつけ、底部の砲が乗る部分の縁の曲線に沿うように接着し、のりしろは棒などで上から押して圧着させます。

 

写真のタイプの高角砲には2種類の形状があります。取り付ける際は位置に注意しましょう。

 

●機銃

細かいパーツを複数組み立てなければならないので根気がいりますが、これによってこの時期の『大和』の「ハリネズミ」のような姿が再現されるので、頑張ってください。パーツをなくさないように注意しましょう。

 

機銃の円筒形パーツは高さの違いで3種類あります。どのタイプがどこに付くか、取り付け位置を確認してから船体に接着しましょう。

 

●主砲塔

主砲塔の基部は高さの違う2種類(パーツ99(左)と100)があります。組み立てた写真の状態で甲板上の穴にはめ込みますが、取り付け位置に注意してください。

 

主砲塔はその多面形を再現するためにはきれいに折れることが重要なので、折り線をしっかりなぞるようにしてください。また、主砲塔パーツのハサミマーク部分は、マストの切り抜きと同様に、先に切り抜いておきましょう。

 

砲身は、丸棒に巻き付けて筒状にします。最初に太めの丸棒で巻きクセを付けたあと(①)、さらに、とじ針などに巻いて細い筒状にしてから(②)接着するときれいに仕上がります(③)。

 

 

●副砲

他の細かいパーツを接着する際に砲塔に強い力をかけて歪ませないように注意しましょう。

 

ついに、あなたの『大和』が完成!

主砲と副砲を取り付け、マストに旗を取り付けたら、基本パーツの組み立てはすべて完了です。あとはお好みで、希望する場合は「非理法権天」と書かれた幟(のぼり)、艦尾の空中線支柱、艦載機(いずれもオプションパーツ)を組み立てて取り付けます。これですべて終了、ついに完成となります! おつかれさまでした。

 

いかがでしたでしょうか。人によっては長短があると思いますが、完成までにおよそ15〜20時間くらいはかかると思います。ですので、週末を利用して一気に作るもよし、毎日1時間くらい使って少しずつ組み立てるもよし、あなたの生活スタイルにあわせてマイペースで組み立ててください。

 

「ステイホーム」の日々はまだしばらく続きそうです。その時間を使って、「歴史群像」8月号付録「戦艦『大和』ペーパークラフト」の組み立てに、ぜひ挑戦してみてください。

 

●臨場感を演出する「海面ジオラマシート」

歴史群像のホームページでは、無料でダウンロードできる展示用の「海面ジオラマシート」も用意されています。完成した『大和』を載せれば臨場感あふれるジオラマが完成します。

 

【ジオラマシートはこちら】

 

 ●あなたが完成させた『大和』の写真を大募集!

歴史群像編集部では、完成した『大和』の写真(デジタルのみ)を募集しています。写真は歴史群像ホームページの特設ギャラリー(以下のアドレス)に掲載されます。

【応募要項はこちら】

 

 

【書籍情報】

歴史群像8月号

特別定価:1150円 (税込)

【本書のご購入はコチラ】
・Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B097SQPXS9/
・セブンネット: https://7net.omni7.jp/detail/1228005713