今回の「GetNavi FASHION LABO」は、今夏の最新アウトドアシューズを特集。街で普段使いできるベーシックなデザインと色使いながら、フィールドでも活躍する高機能を備えたモデルを紹介する。

※こちらは「GetNavi」 2021年9月号に掲載された記事を再編集したものです。

 

【トレイルランニングシューズ 3選】

スタイリッシュなデザインが増え、昨今はアウトドアでの使用にとどまらず、タウンユースする人も増えているのがトレランシューズ。厚みのあるソールがトレンド感を演出する。

 

【その1】3Dプレートを搭載しより快適に走れる新モデル

ザ・ノース・フェイス

ベクティブ エンデュリス

1万8590円(税込)

(問)ゴールドウイン カスタマーサービスセンター

最新のテクノロジーを搭載した新作。2層圧縮成型EVAミッドソールが着足時の衝撃を緩和させ、3Dカーボンプレートにより走行時のブレを抑えながら、高い推進力を生み出す。通気性に優れたアッパーを採用し、快適なライド感を実現。

 

↑ソールにはベクティブシステムを採用。トレイルにおけるエネルギー効率を高め、スムーズで安定した走りを生み出してくれる

 

【その2】長距離トレイルに最適なスイス発ブランドの一足

オン

クラウドウルトラ

2万680円(税込)

(問)オン・ジャパン

スイスのパフォーマンスブランドから登場したシューズ。世界特許技術のソール形状「クラウドテック」システムが搭載され、高いクッション性と快適性を生み出す。長時間のランニングで酷使する足元をサポートしてくれる。

 

↑2種類のグリップパターンを備えたアウトソール。グリップ力が強化され、あらゆる路面条件で高い安定感を誇る

 

【その3】極上のクッション性を提供する人気トレイルモデルの新色

ニューバランス

フレッシュフォーム トレイル モア

1万8700円(税込)

(問)ニューバランス ジャパン お客様相談室

未舗装路を快適に走行するための機能を数多く搭載した人気モデルの新色。厚みのあるミッドソールは、高いクッション性により岩や木の根などの突き上げを抑える。アウトドアテイストのカラーを施したアッパーもスタイリッシュな印象。

 

↑ヴィブラムアウトソールが、高いグリップ性と耐久性を発揮。ぬかるんだ不整地でもスピード感のある走りを叶える

 

【トレッキングシューズ 4選】

カジュアルな装いにも合うスニーカーライクな一足から本格的な登山に挑めるハイスペックモデルまで揃う。安定感のある足元でトレッキングを存分に楽しめる。

 

【その1】シリーズ史上最高スペックを誇る第8世代「カメレオン」誕生

メレル

カメレオン 8 ストーム ゴアテックス(R)

1万8480円(税込)

(問)丸紅フットウェア

幅広いアウトドアシーンで人気を博すカメレオン・シリーズの第8世代モデル。靴のねじれを抑制し安定性を向上させるなど、シリーズ史上最上級のパフォーマンス性を実現した。ローカットモデルなので、街履きにも使いやすい。

 

↑アウトソールに「ヴィブラム エックスエス トレック エボ」を新採用し、ラグを5mm深に改良。グリップ力を強化した

 

【その2】ノーベル賞受賞の強固素材を採用した英国生まれの本格派

イノヴェイト

ROCLITE PRO G400 GTX

2万6400円(税込)

(問)デサントジャパンお客様相談室

イノヴェイトによる新開発の本格的トレッキングブーツ。ノーベル物理学賞を受賞した強靭かつ軽量な「グラフェン」素材が使われたアウトソールをはじめ、過酷な山行に求められる機能性を、洗練されたデザインにフル装備した。

 

↑アッパーにシューラー社製のセラミックコーティング素材を使用。従来モデルと比べて、軽量性と強度が向上している

 

【その3】ランニングシューズのようなクッション性を備えた登山靴

コロンビア

エスケープ サミットアウトドライ

1万7600円(税込)

(問)コロンビアスポーツウェアジャパン

コロンビア独自のミッドソール技術「テックライトプラス」が、優れたエナジーリターンと耐久性を兼備。トレッキングシューズとしてアウトドア環境下での安全性を高める機能と、ランニングシューズのような軽快さを融合した一足だ。

 

↑アウトソールは計算されたラグ配置の「アダプトトラックス」。ウェットとドライのどちらでも地面を確実に捉える

 

【その4】タフさと軽快さを併せ持つ革新的トレッキングブーツ

マムート

Ducan Mid GTX(R) Men

2万8600円(税込)

(問)マムート スポーツグループジャパン

マムートが誇る先進のテクノロジーを集結した次世代型トレッキングブーツ。険しい山岳地でも使えるハイレベルな堅牢性と歩行の安定感を備えながら、驚くほどの軽さと疲れにくさを実現した。アシンメトリーなデザインが目を引く。

 

↑ミッドソールにスプリング型の波状プレートを内蔵。足のねじれを防ぐと同時に、着地時の足裏への衝撃を分散する

 

【ウォーターシューズ 4選】

街なかでの普段使いから川や海で楽しめるアクティビティまで、夏に一足は持っておきたいのがウォーターシューズ。どれもフィット感に優れ、スニーカーに近い履き心地を叶えた。

 

【その1】2009年発売のヒットモデルをモダンアウトドア仕様に刷新

テバ

オムニウム フォックス スエード

1万4300円(税込)

(問)デッカーズジャパン

2009年にリリースされた「オムニウム」のアーカイブモデル。アッパー素材に高級感のあるシンセティックスエードを採用するほか、カラーリングも日本企画のワントーンカラーにアレンジした。モダンなルックスのアーバンアウトドア仕様に。

 

↑着脱に便利なクイックリリースバックルを装備。足の甲とかかとの面ファスナーで、フィット感の調整も自由自在にできる

 

【その2】優れた保護機能を誇る多目的ウォーターサンダル

キーン

ソーラーサンダル

1万3750円(税込)

(問)キーン・ジャパン

キーンが展開するパフォーマンスウォーターサンダルのトップモデル。防滑性や耐水性、クッション性を兼ね備えており、水辺からフィールド、都市部まで幅広いシーンに対応する。アッパーは再生素材で環境にもやさしい。

 

↑シューレースと連動したコネクトフィット システムを搭載。かかとに緩みが生じず、抜群のフィット感を提供する

 

【その3】「Zサンダル」をベースにした水陸両用ハイブリッドモデル

チャコ

メンズ オデッセイ

1万450円(税込)

(問)エイアンドエフ

チャコの代表格である「Zサンダル」の履き心地とウェビングシステムを継承した、水陸両用のハイブリッドシューズ。新開発の軽量EVR製のフットベッドは、軽量で高反発、さらに耐久性にも優れており、快適な歩行をサポートする。

 

↑素足のようなフィット感と速乾性を備えるメッシュアッパー。つま先はラバーで保護され、磯遊びやマリンスポーツにも最適だ

 

【その4】街なかからフィールドまでカバーする万能シューズ

ダナー

ラップトップライト3

7700円(税込)

(問)ダナー

名作「ラップトップ」の包み込まれるような履き心地は踏襲しつつ、より軽快にアップデート。接地面の広いアウトソールはグリップ力も抜群で、滑りやすい濡れた路面から湿地帯まで多種多様な環境下で威力を発揮する。

 

↑甲から履き口にかけてウエットスーツ素材のネオプレーンを使用。ソフトな着用感で脱ぎ履きもしやすいのも特徴だ

 

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると拡大表示されます)】