「DESCENTE ALLTERRAIN」の象徴的なアイテムである「水沢ダウン」のカスタマイズサービス「MADE TO MEASURE」が今年も実施されます。

 

カスタマイズできるのは、水沢ダウンの中でもハイスペックかつ定番モデル「マウンテニア」と、水沢ダウンの初代モデル「アンカー」です。

 

↑⽔沢ダウンハイスペックモデルのマウンテニア。⾼い耐⽔性を実現しているうえに、フードに⽔や雪だまりを防ぐ「パラフード」システムを搭載

 

↑⽔沢ダウンジャケットの初期モデルであるアンカー。⾼いウォータープルーフ性能を備えるほか、ジャケット内にこもりやすい不快な熱や湿気を逃がせる仕様になっています

 

カラーは定番のブラック、ネイビーのほか、新色4色を加えた合計6色から選択可能。表地と裏地で選べるため、36通りのカラバリ展開となっています。また、裏地はデサント ブランの店舗がある都市の地図をモチーフにした、来店店舗限定柄も用意。デサント ブラン 代官山/梅田/福岡の各店舗でそれぞれ2パターンずつラインアップします。

 

↑東京の地図が裏地にデザインされたパターン

 

サイズはメンズがSからXXXXLの7サイズを、レディースはSからXLの4サイズをそろえるほか、着丈は4サイズ、袖丈は3サイズから組み合わせが可能です。

 

なお、注文するには店舗でのカウンセリングが必要。また、カウンセリング期間は店舗ごとに異なります。

 

カウンセリング期間
梅田:9月1日(水)〜9月5日(日)
代官山:9月6日(月)〜9月19日(日)
福岡:9月16日(木)〜9月19日(日)

 

カウンセリングの予約は8月20日からスタートしています。

 

価格はマウンテニアが16万5000円(税込)からで、アンカーが14万3000円(税込)からです。自分だけの水沢ダウンを作れる機会ですので、今年ダウンを狙っているという人はチェックしてみてください。