ヤフーが9月1日の防災の日に向けて特設サイトを公開しました。このサイトは、大切な人に防災用品や防災食などの防災グッズをおくることを提案する「#おくる防災」特集の一環としています。

 

ヤフーによると、災害時のために食品などを備蓄している人は多くはないそうで、備蓄はなんとなく後回しになりがちな人が多いのではないかと見ているようです。

 

そこでヤフーでは大切な人のためなら後回しにしないのでは、さらにそれをきっかけに日本の備蓄率向上につなげられるのではと考え、Yahoo! JAPANにおいて、ギフトとして防災グッズを贈ることを提案する「#おくる防災」企画を2021年2月からスタート。

 

それ以降、Yahoo!ショッピングでは母の日ギフトとして防災グッズの売り上げが前年比で6.2倍になるなど、新しいギフトの形としてトレンドになりつつあるとしています。

 

今回、防災の日に向けてギフトに最適なさまざまな防災グッズを紹介することで、多くの人におくる体験をしてもらえるサイトを公開したとのこと。

 

たとえば、災害時に80%の人が直面すると言われる在宅避難の体験ができるギフトブックと防災グッズカタログや、岩手県のブランド肉・門崎熟成肉の専門店「格之進」が開発した保存可能なハンバーグの缶詰などをラインアップ。購入も可能です。

 

↑体験して備える防災ギフトは1万4355円(税込)

 

↑格之進が手掛けるハンバーグの缶詰は3缶で3790円(税込)

 

販売されている商品は数百円から数万円台と価格帯の幅が広いです。そのため、友人へのちょっとした贈り物や、大切な人の特別な日のプレゼントなど、相手によって贈るアイテムを選びやすくなっています。また、プレゼント交換などにもいいでしょう。

 

これから台風シーズンを迎え、災害も増えてきます。誰かに贈って防災への意識を高めていくのがいいかもしれません。