ハイセンスジャパンは8月30日、全自動洗濯機「HW-DG10A」を発表。9月初旬に発売します。市場予想価格は10万円(税込)前後です。

 

HW-DG10Aは、液体洗剤や柔軟剤を自動投入できる洗濯機。洗濯物と水の量に合わせて最適な量の液体洗剤と柔軟剤を自動で投入するため、毎回計量する手間がかからないうえに、洗剤を入れすぎることも防げます。もちろん、手動投入にも対応。なお、液体洗剤と柔軟剤を入れておくタンクは取り外して洗えます。

 

 

洗濯槽の底部には独自形状のパルセーターが付いており、洗浄中に大きな回転水流を生み出します。これにより、衣類の絡まりを抑えつつ、ガンコな汚れをしっかり落とすとのこと。さらに、水を滝のように落下させることで、立体的な水流を生み出し、衣類を回転させながら隅々までしっかり洗い上げるといいます。

 

 

このほか、洗濯の最後のすすぎの際に、洗濯槽を高速回転させて内槽と外槽の間などの見えないところまで洗う「自動槽洗浄」機能などを搭載しています。

 

 

洗濯・脱水容量は10kgで、洗濯時間は標準で約44分。また、本体サイズは約幅590×奥行き630×高さ1050mmとなっています。