今年創立40周年を迎えるファミリーマート。40周年記念キャンペーンの1つとして、「懐かしの看板商品復活祭」が開催されています。ファミリーマートをはじめ、同社とブランド統合したサークルK・サンクスで発売されていたヒット商品なども登場。中でも今回は、ボリューム満点な「びっくりのり弁」(530円/税込)をセレクトしました。“のり弁”と呼ぶのがはばかられるほど、所狭しと様々な具材がトッピングされた一品です。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

【関連記事】
一品で肉・野菜・ご飯をカバー! ファミマの「5種野菜と牛焼肉のビビンバ丼」

 

●「びっくりのり弁」(ファミリーマート)

2007年にサークルK・サンクスから販売開始された同商品。ぎっしり敷き詰められたご飯の上に、白身フライ・コロッケ・鶏唐揚・ちくわ磯辺天・ハンバーグなどが盛りつけられています。どれもご飯が進むラインナップで、子どもの頃にお弁当に入っていたらテンションが上がるおかずばかりですよね。

 

特にお気に入りなのは、サクっとジューシーな衣に包まれた白身フライ。噛むたびにほろほろと口の中で崩れる柔らかい身と、タルタルソースの爽やかな酸味がたまりません。

 

もちろんその他にも、食べごたえバツグンでどこか懐かしい味わいのおかずが勢ぞろい。甘いソースをたっぷりまとったハンバーグにホクホクのコロッケ、モチっとした食感のちくわ磯辺天などなど……。様々な味つけの具材が入っているため飽きずに食べることができました。

 

 

一品とは思えないほど、盛りだくさんのおかずをご飯のお供にできる同商品。添えられた海苔とたくあん、おかかも良いアクセントになっています。「色々なおかずを少しずつ楽しみたい」時や「贅沢感のあるボリューミーなお弁当が食べたい」ときにピッタリですよ。

 

実際に購入した人からは「当時よく食べていた懐かしい味!」「これぞ究極ののり弁…… この値段でこのボリュームは神すぎる」「大人のための“お子様プレート”的な豪華さがテンション上がる」といった反響が続出。多種多様なおかずが味わえる「びっくりのり弁」で、のり弁の域を超えた“驚き”の食べごたえを楽しんでみては?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
親子丼がチーズタッカルビ風に変身!? なか卯の「甘辛チーズの親子丼」