トレイルランニングは林道、砂利道、登山道などを走ります。路面は平らではなく、石や岩、木の根、階段など、不安定な場所のほうが多いくらいです。そんなテクニカルなセクションの多いトレイルランで活躍するのがトレイルランニングシューズです。

 

今回紹介したいのがスイス生まれのブランド、オン。同ブランドの定番トレランシューズ「Cloudventure (クラウドベンチャー)」はアップデートを続け第三世代になり、そのモデルにウォータープルーフ(防水)が登場しました。

 

【オン「クラウドベンチャー ウォータープルーフ」を写真で先見せ(画像をタップすると閲覧できます)】

 

ウォータープルーフで秋の長雨にも対応!

第三世代クラウドベンチャーは、従来モデルからソールフォームをオン独自開発の軽量クッション素材「HelionTM」にア ップデートし、抜群のクッション性と反発性に加え、トレイルランニングに必要とされる耐久性・温度耐性も兼ね備えました。ミッドソール部には、蹴り出しの反発を高めるオン独自の足形プレート「Speedboard(R)」を内蔵。アウトソールには、オンの世界特許技術であるソール形状「CloudTec(R)」システムにグリップ性能を高めるラバー素材を貼り付けた 「MissiongripTM」アウトソールを採用。 さらにアッパーはウォータープルーフ仕様で、鬱陶しい秋の長雨も快適にしてくれます!

↑今作は従来モデルからソールフォームをオン独自開発の軽量クッション素材「HelionTM」にアップデートし、抜群のクッション性と反発性はそのままに、耐久性・温度耐性も強化

 

↑ミッドソール部には、蹴り出しの反発を高めるオン独自の足形プレート「Speedboard(R)」を内蔵

 

↑オンの世界特許技術であるソール形状「CloudTec(R)」システムにグリップ性能を高めるラバー素材を貼り付けた 「MissiongripTM」アウトソールを採用

 

↑アッパーの素材は約70%がリサイクルポリエステル素材で作られており、高いフィット感と快適性・安定性をキープ。さらにウォータープルーフ仕様で雨にも強い!

 

オンユーザーのアスリートたちのフィードバックを元にアップデートを果たした本作は、トレーニングや週末のレース、急なアップダウンや岩場など特にテクニカルなセクションの多いトレイルランで活躍する一足です。山々からの良い眺め、きれいな空気と秋を感じつつ、自然を満喫するのもありですね。

オン
クラウドべンチャー ウォータープルーフ
1万9580円(税込)