先日、フィリップモリスジャパンは、IQOSの新型加熱式たばこ「IQOS ILUMA (イルマ)」シリーズと IQOS イルマ専用たばこ「TEREA(テリア)」 スティック を販売しました。アイコスは約2年前に「IQOS 3 DUO (スリー デュオ)」を販売して以来、久しぶりの新型デバイス。その進化はどうなっているのでしょうか!? 編集部員・野田がレポートします。

 

新型IQOSは一挙に2モデル登場!

現在爆売れ中の IQOS イルマ シリーズは、フラグシップモデル「IQOS イルマ プライム」およびスタンダードモデル「IQOS イルマ」の2機種で展開。どちらもIQOS イルマ シリーズ独自の“スマートコア・インダクション・システムTM” を搭載しています。

↑左は「IQOS イルマ」。本体カラーはモスグリーン、ペブルベージュ(写真)、ペプルグレー、アズールブルー、サンセットレッドの全5色。右が「IQOS イルマ プライム」。本体カラーはジェイドグリーン(写真)、ゴールドカーキ、オブシディアンブラック、ブロンズトープの全4色

 

“スマートコア・インダクション・システムTM”は、IQOS史上初となるブレードのない構造です。ブレードをなくしたことで耐久性が向上。また、IQOS イルマシリーズ専用に新しく設計された「テリア」スティックは、たばこスティックの内側から、たばこ葉を加熱する加熱方式です。これにより、たばこ葉を燃やすことなく芯から加熱します。

↑IQOS イルマシリーズはホルダー内部にブレードがないため破損の心配がありません。さらに残りかすが詰まらないので、従来の IQOSのような掃除の必要もありません

 

IQOS イルマシリーズ専用に新しく設計されたテリア スティック。ラインナップは、レギュラー4種類、メンソール2種類、フレーバーメンソール5種類です。IQOS イルマシリーズでは今までの「マールボロ」や「ヒーツ」スティックを使用することができないので、一緒にテリア スティックの購入が必要。

↑写真左上から「イエロー・メンソール」「パープル・メンソール」「ブライト・メンソール」「トロピカル・メンソール」「ブラック・メンソール」「メンソール」「ミント」「リッチ・レビュラー」「レギュラー」「バランスド・レギュラー」「スムース・レギュラー」。価格は一律で580円(税込)

 

↑テリア スティック。スマートコアスティック内側にステンレスでコーティングされた金属製の誘導体を内蔵しています

 

フラッグシップとスタンダードモデルの違いと共通点

さて、フラッグシップモデル「IQOS イルマ プライム」およびスタンダードモデル「IQOS イルマ」はどこが違うのか、それぞれの主な違いと共通点をまとめてみました。

 

【その1】デザインと価格

IQOS イルマ プライムは本体にアルミニウムを使用し、スタイリッシュに仕上げています。ラップカバーを採用しているため、従来のデバイスよりも幅広いカスタマイズが可能です。

↑「IQOS イルマ プライム」1万2980円(税込)。本体サイズ:W44.7×H117.2×D33.2mm、重さ:141g/ホルダーサイズ:W14.5×H101mm、重さ:30.5g

 

対してIQOS イルマ プライムは、IQOS 3 DUO の形状を継承した、新型 IQOSイルマのスタンダードモデル。 新アクセサリーのリングなどで、カスタマイズの幅が広がります。先代のIQOS 3 DUOと形状の違いはサイズがやや大きくなったくらい。

↑「IQOS イルマ」8980円(税込)。本体サイズ:W477×H121.5×D23.4mm、重さ:116.5g/ホルダーサイズ:W14.5×H101mm、重さ:30.5g

 

IQOS イルマ プライムはフラッグシップモデルと言うだけあって、価格は1万2980円。対して、スタンダードモデルのIQOS イルマは8980円。その差額4000円。全く新しいデザインとカスタマイズの幅の広さがIQOS イルマ プライムの魅力なので、そこを特に求めないのであれば機能性がほぼ同等のIQOS イルマでも十分と言えるでしょう。

↑IQOS イルマ プライム、IQOS イルマともに充電ケーブルはUSB-C端子を使用

 

【その2】新機能

IQOS イルマ プライム、IQOS イルマともに新機能を搭載しています。その一つが“オートスタート・オートストップ”です。“オートスタート”は、スマートコアスティックをホルダーに挿入すると、自動的に加熱が始まるというもの。または、ホルダーにあるボタンを長押しすることで手動で加熱が開始されます。対して“オートストップ”は、使用中にスティックが動いてしまった場合、あるいはホルダーから取り出されてしまった場合には自動停止します。これらによってボタンを押したりする、ちょっとした煩わしさから解放されますね。

↑従来のIQOS 3 DUOと同様、2本連続使用可能で、1回の充電で20回使用できます

 

まだまだ新機能はあります。“スマートジェスチャーリフトアップ”は、使用していない時にホルダーを手前に傾けるとライトが点灯し、残りの使用回数を確認できます。“スマートジェスチャーダブルタップ”は、使用中にホルダーをダブルタップ(軽く2回たたく)すると、バイブレーションにより、残りの使用時間が通知されます。

↑これらの設定はIQOSアプリにてカスタマイズ可能

 

【その3】アクセサリー

続いて専用のアクセリーを紹介。まずは「IQOS イルマ プライム/イルマ リングセット」ホルダーをカスタマイズできるリングの3個セット。ホルダーの先端に装着して表情の変化を楽しめます。全15色6セット。

↑「IQOS イルマ プライム/イルマ リングセット」1480円(税込)〜

 

次はIQOS イルマ プライム専用のアクセサリー。イルマ プライムの本体をカスタマイズできるラップカバーの生地はファブリックやマイクロファイバー、オーロラから選べます。付け替えはIQOS本体側のマグネットで取り付けるだけと簡単。全9色3素材。

↑「IQOS イルマ プライム ラップバー」1480円(税込)〜

 

イルマ プライムのポケットチャージャー本体をすっぽりとおおうフルラップカバー。おしゃれな見た目を保ちながらデバイスを汚れから守ります。全4色。

↑「IQOS イルマ プライム フルラップバー」1980円(税込)

 

そしてIQOS イルマ専用のドアカバー。イルマの本体をカスタマイズでき、素材はアルミナムやオーロラ、メタリック、ネオンから選べます。付け替えはコチラもIQOS本体側のマグネットで取り付けるだけと簡単。全16色。

↑「IQOS イルマ ドアカバー」980円(税込)〜

 

スリーブはIQOS イルマを汚れや衝撃から守ります。付けても気にならない軽さも魅力。「IQOS イルマ スリーブ」全6色、「IQOS イルマ スリーブ+」全3色展開。

↑「IQOS イルマ スリーブ」980円(税込)、「IQOS イルマ スリーブ+」1980円(税込)

 

ユーザーの悩みを解決した、IQOS イルマシリーズの進化!

ホルダー内のブレードをなくし、たばこスティック内側から燃焼する専用スティックにしたことで、クリーニングの面倒くささ・耐久性というIQOS特有の悩みを無くしています。スマートコア・インダクション・システムは、他社の加熱式たばこデバイスと比べてIQOS イルマシリーズが群を抜いている機能です。

 

JTの新型「Ploom X」や、同じくフリップモリスジャパンから販売している「lilHYBRID(リルハイブリッド)」に比べると、加熱式たばこデバイスとしての進化は控えめかもしれません。しかし、IQOS イルマシリーズの特徴はすべてユーザーに寄り添ったモノだったのです。

 

撮影/大田浩樹、我妻慶一

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると拡大表示されます)】