ジンズは、折りたたみ時の薄さ約10mmというコンパクトさと、スタイリッシュで自然なかけ姿を追求した「JINS READING」の新モデルを、9月16日よりJINS一部店舗、JINSオンラインショップにて発売。

 

JINS READINGの新モデルは、これまでの商品特性を引き継ぎつつ、老眼鏡に対する「持ち運びが不便」「かけたりしまったりが煩わしい」という悩みに着目。圧倒的な薄さによるコンパクトさを追求した新しいリーディンググラスが誕生しました。度付きレンズ標準搭載ですぐに使えるパッケージタイプ。度数は+1.0、+1.5、+2.0 の3種類、カラーはブラックとライトブラウンの2色で、全6種のラインアップを用意。

↑ブラック(+1.0、+1.5、+2.0)各5500円(税込)

 

↑ライトブラウン(+1.0、+1.5、+2.0)各5500円(税込)

 

フロントに丁番の機構を組み込んだ特別な設計にすることで、折りたたんだ際にフロントとテンプルがぴったりと密着。これによって折りたたみ時の薄さは約10mmになっています。これはJINSの標準的なサイズのメガネと比較すると、約3分の1の薄さ! 専用の薄型ケースに収納することで、コンパクトで持ち運びやすく、気軽にかけたりしまったりすることができます。

↑付属の薄型メガネケースに収納することで、コンパクトで持ち運びも簡単に

 

また、フロントにはセル、テンプルにはメタル素材を使ったトレンドのコンビネーションフレームを採用。スタイリッシュなデザインで、通常のメガネと変わらない自然な見た目を実現しました。ブルーライト 25%カットのレンズも標準搭載。日常使いはもちろん、持ち運びも便利な新しい老眼鏡となっています。

↑自然なかけ姿を追求し、フロントにセル、テンプルにメタルを採用したトレンドのコンビネーションフレームに

 

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると拡大表示されます)】