ガッツリお腹を満たすメニューが豊富なコンビニですが、昨今は健康志向の商品も多数展開中。お腹を空かせてファミリーマートに立ち寄ったところ、野菜がたっぷり乗った「1/3日分の野菜が摂れる明太子焼ビーフン」(430円/税込)が目に留まりました。見るからに具沢山な一品は、一体どのような味わいなのでしょうか。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

【関連記事】
ザラメと豚脂を使った濃厚タレが絶品! ファミマの「直火焼チャーシュー丼」が400円以下とは思えない仕上がり

 

●「1/3日分の野菜が摂れる明太子焼ビーフン」(ファミリーマート)

そもそもビーフンとは、米を原料とした“ライスヌードル”の一種です。起源である中国をはじめ、台湾や東南アジアでは日常的に親しまれている食材。近ごろ注目を集めているグルテンフリーに対応した食品でもありますね。

 

まずはビーフンから食べてみると、独特の食感と同時にこうばしさが楽しめました。パスタや中華麺などのもちもち食感とは異なるぷつっとした噛みごたえは、食べ進めるほどやみつきに。味つけは昆布つゆと醤油のシンプルながら旨味が強い組み合わせで、コクと深みがたまりません。

 

次にトッピングされている野菜と一緒にいただきます。キャベツとにんじんの野菜炒め、もやし、ねぎ、高菜炒めと野菜が目白押しの同商品。厚生労働省が定める1日あたりの野菜摂取目安である350gのうち、約1/3の量が使用されているそうです。キャベツやにんじんは大きくカットされており、食感を楽しむことも可能。食べる部分により味わいが大きく異なるため、飽きることなく食べ進められますよ。

 

味の決め手は中央に乗せられた明太子。ほどよい辛さが刺激をプラスして、風味に変化が与えられました。明太子特有のプチプチ食感もアクセントとなり、ビーフンや野菜に絡めるとまた違った味わいを演出してくれます。

 

実際に同商品を購入した人からは、「野菜のシャキシャキ感がクセになる! 何種類もの具材で飽きないのがイイね」「明太子と高菜の相性が抜群… 味が濃すぎずさっぱり食べられるのも優秀です」「ボリュームがあるのに食べても罪悪感がないのが嬉しい」など好評の声が続出。あなたも「1/3日分の野菜が摂れる明太子焼ビーフン」で、おいしく健康を目指してみては?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
まさに“旨辛”! 一度食べればやみつき間違いなし! なか卯の「冷やし担々うどん」を実食レビュー