多種多様なキッチングッズを手がけるマイクロプレインから販売されている「ゼスターグレーター」は、チーズや柑橘類の皮などを簡単にすりおろせるアイテムです。以前「サタデープラス」(TBS系列)でも紹介され、“バズレシピ”でお馴染みの料理研究家・リュウジさんも愛用しているそう。一体どのように役立つアイテムなのか、詳しくチェックしていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

●チーズがふわふわに削れる! バツグンの切れ味を誇る「ゼスターグレーター」(マイクロプレイン)

様々な料理で活躍することも多いおろし器。食材によってはうまくすりおろせなかったり、余計な力が入って手が疲れることもありますよね。そんな悩みを解決してくれるのが「ゼスターグレーター」(メーカー希望小売価格:3000円/税抜)。豊富なカラーバリエーションの中から、今回は色鮮やかなオレンジを購入しました。

 

同商品を手がけるマイクロプレインは、元々アメリカの大工道具メーカー。中でも折り紙つきの切れ味を誇る木工用ヤスリの技術を活かし、おろし器をはじめとしたキッチングッズを発売するようになりました。

 

独自加工が施された刃は一見重量感がありますが、実際に持つと想像以上に軽くて驚き。刃の向きが一定方向のため、食材が穴に詰まりにくく洗いやすいのもポイントです。

 

また同商品のハンドル部分はゆるやかに波打つ形になっており、手にフィットするデザイン。手のひら全体でぎゅっと握れるため、力が入りやすく安定しますよ。

 

それでは実際にハードタイプのチーズを使って、同商品の性能をチェックしてみましょう。チーズを持って刃の上を滑らせるように動かすと、ほとんど力を入れずともスルスルと削れていきました。削れたチーズは空気を含んでふわっと柔らか。パスタなどのトッピングにもピッタリです。

 

チーズ以外にも柑橘類の皮・にんにく・しょうが・アーモンドなど、様々な食材をすりおろしたり削ったりすることが可能。実際に同商品を購入した人からは「しょうがをおろすのが一気にラクになった」「軽くて握りやすいので、子どもやお年寄りも簡単に扱える」といった声があがっていました。料理研究家も愛用する「ゼスターグレーター」で調理の効率アップを目指してみては?