ファーストフード店で続々と限定商品が発売されているこの秋。ロッテリアからは月見の季節にピッタリな「和風半熟月見バーガー」シリーズが新登場しました。中でも今回は「和風半熟月見絶品チーズバーガー」(510円/税込)をピックアップ。一体どんなハーモニーを奏でてくれるのでしょうか?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

【関連記事】
冷食なのに具材多すぎ!? トロトロあんが魅力のセブン「五目あんかけ焼そば」を食べてみた

 

●「和風半熟月見絶品チーズバーガー」(ロッテリア)

定番商品の「絶品チーズバーガー」に、「和風しょうが醤油ソース」とロッテリアオリジナル「半熟タマゴ」を組み合わせた同商品。バンズからはみ出さんばかりのチーズと半熟タマゴが食べる前から食欲をそそります。パッケージの注意書きによると、購入後に時間が経って冷めてしまった場合は500Wの電子レンジで10〜15秒温めなおすと良いそう。

 

さっそく一口かぶりついたところ、とろっと溢れだす黄身のまろやかな甘みとこうばしい和風しょうが醤油ソースの風味が口いっぱいに広がりました。加熱して溶けた2種類のナチュラルチーズは半熟タマゴと合わさってよりクリーミーな印象に。通常の「絶品チーズバーガー」よりもリッチな味わいを堪能できますよ。

 

和風しょうが醤油ソースは、高知県産しょうが・2種類の醤油(たまり醤油と濃い口醤油)・三温糖・オイスターソースで作られています。豊かなしょうがの香りとコク深い醤油の風味が、チーズと半熟タマゴの濃厚さを引き立てていました。

 

また最大約8mmに粗挽きしたジューシーなパティは食べごたえバツグン。塩・胡椒・オレガノで味つけされたシンプルな仕上がりですが、肉そのものの旨味が濃くてソースとの相性も格別です。ちなみに同商品は10月下旬までの期間限定販売のため、気になる人は早めにチェックしてみてくださいね。

 

実際に購入した人からは「やわらかいバンズと濃厚なチーズ&半熟タマゴのコンボが最強すぎる」「パンチのあるパティを包みこむ黄身のとろとろ感がたまらない」といった声が。和風しょうが醤油ソースと半熟タマゴが最高のコンビネーションを見せた「和風半熟月見絶品チーズバーガー」を、秋の夜長に楽しんでみては?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
吉野家から待望の月見メニュー登場! すき焼きたれとたっぷりの玉子が絡む「月見牛とじ丼」は食べごたえバツグン