野菜がたくさん摂れる“タンメン”は、若い女性から働き盛りの男性まで幅広い層に大人気。近頃ではインスタント商品でもよく見かける定番メニューとなっています。今回購入したのはローソンから発売中の「東京タンメントナリ監修 1食分の野菜! タンメン」(550円/税込)。専門店が監修した本格的な味わいに注目して、さっそくレビューしていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
ヘルシーなハンバーガーってどういうこと!? “ソイパティ”使用のロッテリア「ソイ野菜チーズバーガー」はフレッシュなさっぱりテイスト

 

●「東京タンメントナリ監修 1食分の野菜! タンメン」(ローソン)

同商品を監修している「東京タンメントナリ」は、東京・東陽町に本店を構えるタンメン専門店。季節の野菜を取り入れたこだわりのタンメンが「野菜不足の現代人にぴったり」だと話題を呼び、多くのファンに愛されている有名店です。同商品はそんな「トナリ」が手がけたとあって、一目見て納得するほど野菜たっぷり。温めると、スパイスのよい香りが漂ってきました。

 

ひと口食べた瞬間、口の中に広がったのはスープの深いコク。あっさりした味わいながら、野菜の濃厚な旨味を感じることができます。塩辛過ぎずほどよい濃さなので、思わず最後まで飲み干したくなってしまうかもしれません。さらに、しっかりと噛みごたえのある麺もGOOD。スープがよく絡む極太平打ち麺でコシの強いもちもち食感が特徴ですよ。

 

なんといっても注目したいのは、もりだくさんな具材の数々。キャベツやもやしのシャキっとした歯触りが楽しく、満足感も十分でした。特にお気に入りなのが鮮やかな緑色のニラ。クセになる独特の香りがスープの風味をより引き立ててくれます。

 

付属のおろししょうがと粗挽きこしょうで“味変”できるのも同商品の魅力です。薬味をプラスすれば、ぴりっとした刺激がまた違った印象に。最後まで飽きずに食べきることができますね。

 

実際に同商品を購入した人からは、「あっさり系のスープだからたくさん食べても罪悪感ゼロ」「豚肉がトッピングされているのもGOOD! 塩ベースのスープと相性ばっちりだった」「弾力の強い麺が好みすぎる… リピートします」など好評の声が続出。あなたも「東京タンメントナリ監修 1食分の野菜! タンメン」を食べて、おいしく健康を目指してみては?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
満足度抜群の“超重量級”弁当登場! 濃い味つけがたまらないセブンの「まんぷく! ピリ辛チキン&豚生姜焼弁当」が激ウマ