1952年にアメリカ・南カリフォルニアでディック・ケルティ氏によって立ち上げられた総合アウトドアブランド「ケルティ」。60年以上の歴史と伝統を持ち、その完成度と機能性の高さは、ファミリー層からトップクライマーまで幅広く魅了しています。そんなケルティから、1980年代に使用された旧ロゴを復活させたバッグシリーズ「80’S LINE」が登場したので、早速試してみました!

 

【ケルティ「80’s トート」の写真を先見せ(画像をタップすると拡大表示されます)】

 

レトロなロゴとコーデュラがかなりの好相性!

ケルティの2021年SSから加わった、80’S LINE。ボディに複数のカラーを使用したコンビネーションカラーを採用し、その表地には旧ロゴを配しています。レトロなアウトドアテイストを前面に押し出すイエローロゴは1980年代に使用されていたもので、ヴィンテージアウトドアアイテムとしての人気が高く、2014年以来7年ぶりの復刻ということで、多くのヴィンテージファン垂涎の一品となっています。今回はそんな80’S LINEの中から、ケルティでは定番のナイロントートをピックアップしました!

↑ボディの正面に配されたイエローの旧ロゴが、クラシックで落ち着きのある雰囲気を添えています

 

↑生地は引き裂き強度・耐摩耗性に優れ、ポリエステルに比べ柔らかい触り心地が特徴の「インビスタ社製500D(デニール)コーデュラナイロン」を使用。また、裏側にポリウレタンコーティングを施して、耐水性も高めています

 

↑メインコンパートメントのトップはスナップ式で、荷物が飛び出すのを防ぎます

 

↑内側には4つの小さなスリーブポケットと、ファスナーポケットを装備。生地は210Dポリエステルで、心地良い肌触りとなっています

 

↑着脱式のショルダーベルトも付属するので、シーンに応じてトート&ショルダーの2WAYで使用できます

 

レトロな雰囲気の旧ロゴと、無骨でワイルドなコーデュラの素材感との相性がバッチリですね。しかもツートーンカラーで構成する本体ボデイがシンプルで、合わせるスタイルを選びません。ストリートはもちろん休日のピクニックまで、幅広く大活躍してくれますよ!

ケルティ
80’s トート
8250円(税込)
■サイズ:H31×W47×D15cm/容量:15L