清掃用品やバス用品などの企画製造をおこなっているアイワでは、大ブラシ・小ブラシ・ヘラを備えた「タイルブラシ123(ワンツースリー)」が人気商品の1つ。8月25日放送の「バゲット」で紹介され、購入者からも「便利さをとことん追求してるからすごく使いやすい!」「縦置きで管理できるのがいいね」といった評価が寄せられています。一体どのように使用するアイテムなのでしょうか?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
中指を通すだけで掃除が楽に!? 「バゲット」で注目を集めた「指掛けバスクリーナー」レビュー

 

●縦置きできてジャマにならない「タイルブラシ123」(アイワ)

床・壁面のタイルや排水用の溝など、意外と掃除が面倒なお風呂場。できれば掃除道具を増やさず広い面と細かい目地をきれいにできたら楽ちんですよね。そこでお風呂掃除に便利なアイテムはないかとチェックしていたところ、東急ハンズで「タイルブラシ123」(608円/税込)という商品を発見しました。

 

本体とブラシ部分それぞれがツートンカラーの同商品。その見た目どおり、“大ブラシ”と“小ブラシ”にパカっと分割できるのが大きな特徴です。小ブラシは毛がV字にカットされているため、タイル目地や蛇腹タイプの風呂ブタ掃除にぴったり。ブラシの面積は小さくても毛1本1本がハードなので、こびりついた汚れもピンポイントで狙えますよ。

 

大きいブラシはタイル全体など広い面の掃除に便利。1つのブラシが使用シーンに応じて2つに分けられるだけで十分魅力的ですが、注目すべき点はそれだけにとどまりません。よく見ると小ブラシの柄の先が“ヘラ”になっているので、しつこい汚れを落とす時に活躍してくれるのではないでしょうか。

 

3つの便利な機能に加えて私が「おっ!」と関心したのは、同商品は“縦置き”ができること。ブラシ・本体・ヘラが支点になり、直立させても安定した状態をキープしていました。これならブラシを下にして直置きするよりも空気に触れる面が増え、ブラシや毛のつけ根が早く乾いてくれるはずです。

 

実用性の高い掃除グッズだけに、愛用者からは「大小どちらのブラシも柄が持ちやすくて力を入れやすい」「今まで掃除できてなかった細かい目地もきれいになってスッキリ!」などの反響が続出。「タイルブラシ123」を駆使して、ピカピカのお風呂場でバスタイムを満喫しましょう。

 

【関連記事】
レンチンで肉や魚が焼ける!? 「土曜はナニする!?」で紹介された新発想のお皿「レンジで発熱する皿」レビュー