マウスコンピューターは、ゲーミングパソコンブランド「G-Tune」のフラグシップモデル「G-Tune H5」の後継製品として、シングルコア、マルチコア性能が向上した、第11世代インテルCPU搭載モデルを発売しました。

2021年4月モデルから、CPU性能が20%以上アップ

本機に搭載される最新の第11世代「インテル Core i7-11800H プロセッサー」は、従来の14nmから10nmに微細化されたプロセスルールにより、「G-Tune H5」2021年4月登場モデルからシングルコア性能が約24%向上。これにより高いリフレッシュレートを維持しやすく、ゲームプレイに集中できる環境を実現します。マルチコア性能に関しても、約27%向上しているため、バックグラウンド処理の多いゲーム実況配信を快適に行うことが可能です。なお、プロセッサーのコア性能は「CINEBENCH R23での測定結果に基づく」とのことです。

 

主にFPSタイトルで求められている、滑らかな映像表示を行う「リフレッシュレート240Hz対応液晶パネル」、複雑なキー入力の組み合わせが必要となる場面で、操作に制約をつけない「全キー同時押し対応メカニカルキーボード」を継続して採用しました。常に大会に近い環境で練習を重ねたいeスポーツプレイヤーのニーズに応える一台です。

 

●モデルのスペック一例

インテル Core i7-11800H プロセッサー

GeForce RTX 3070 Laptop GPU

16GBメモリー

512GB NVMe SSD

26万3780円(税込)