IoT機器などを販売するプラススタイルは、SIMフリー4Gスマートフォン「mode1 GRIP」を、10月10日より販売することを発表。同社ウェブサイト「+Style本店」のSIMフリースマホコーナーで予約受付を開始しています。また、「mode1 GRIP 発売記念キャンペーン」として10月9日までの期間、予約特典としてワイヤレス充電台を提供します。

 

握りやすさを追求した、2万円台のお手軽スマホ

 

mode1 GRIPは、横幅を56mmに抑えることで、女性をはじめとした手が小さい人でもグリップしやすいサイズのSIMフリースマートフォンです。端末の重心を下部にずらすことで安定感を持たせたほか、ディスプレイに触れても誤作動しないようなソフトウェア設計、ワイヤレス充電機能への対応など、日本メーカーとして日本人のために機能性を追求しています。価格も2万2000円(税込)に抑えられている、手ごろなスマホです。

 

メインカメラは約4800万画素+約800万画素(広角)のデュアル構成で、フロントカメラにも約2500万画素の高解像度センサーを採用。CPUにはMediaTek Helio P70を搭載し、4GBのRAMと、64GBのストレージを装備しています。ディスプレーは約5インチTFT液晶。シネマスコープのアスペクト比で約1677万色の映像を楽しめます。

 

 

本体側面に指紋センサーを搭載したことで、スマートフォンを持つだけの自然な動作でロックを解除できます。充電は、USB Type-Cのほか、ワイヤレス充電機能にも対応。5W充電が可能な「mode1 Wireless Quick Charge」(別売)も同時に発売します。

 

日本のユーザーのための設計として、近年採用例が減少している赤外線ポートを搭載し、リモコンアプリなどをインストールすることでテレビやリモコンを操作できます。

 

2枚のSIMを使い分けられる、デュアルSIMに対応

 

スマホのコストパフォーマンスを向上させる「DSDV(Dual SIM Dual VoLTE)」機能にも対応。契約状況にもよりますが、2枚のSIMを利用する際にデータ通信と高品質な音声通話「VoLTE」のどちらも利用できます。SMSや発着信を簡単に切り替えられるほか、データ専用SIMなどを2枚目として常時挿入するなど、自分に合った使い方を選べます。