Dynabookは10月5日、Windows 11搭載なうえに5 in 1で使える13.3型プレミアムノートPC「dynabook V4/U」と、同じくWindows 11搭載の13.3型スタンダードモバイルノートPC「dynabook GS4/U」を発表しました。発売はどちらも11月上旬を予定しており、店頭予想価格はdynabook V4/Uが19万円台後半、dynabook GS4/Uが16万円台前後となっています。

 

dynabook V4/Uは、5つのスタイルで使えるとするノートPC。キーボード部を底面にするモニタースタイル、ディスプレイを360度回転させるタブレットスタイル、一般的なノートPCスタイル、ディスプレイを180度倒して使うフラットスタイル、付属の「Wacom製アクティブ静電ペン」を使用するペンスタイルで活用できるといいます。

↑dynabook V4/U

 

またスペックは、CPUがインテル Core i3-1115G4 プロセッサー、256GB SSD、8GBメモリーを搭載。加えて、バッテリーは約24時間駆動なほか、ディスプレイ解像度は1920×1080ドット(フルHD)となっています。

 

このほか、外部インターフェイスはHDMI出力、USB 3.1、USB Type-C(Thunderbolt 4対応)×2をそろえています。

 

本体サイズは約303.9×197.4×17.9mm、重さは約979gです。

 

一方のdynabook GS4/Uは、軽量かつコンパクトなボディと、堅牢性を両立させたとうたうモデル。本体サイズは約306.0×210.0×17.9mm、重量は約978gとなっているほか、米国国防総省が制定するMIL規格に準拠した耐久テストをクリアしています。

↑dynabook GS4/U

 

また、ディスプレイは180度まで倒すことが可能。対面での商談や打ち合わせでも活躍するとしています。なお、ディスプレイ解像度は1920×1080ドット(フルHD)です。

 

スペックは、CPUがインテル Core i3-1115G4 プロセッサー、256GB SSD、8GBメモリーを搭載。バッテリーは約14時間駆動となっています。

 

このほか、外部インターフェイスはUSB 3.1×2、USB Type-C(Thunderbolt 4対応)×2、有線LAN、HDMI出力を備えています。