“いま”爆売れ中のモノを「デジタル・家電」からセレクト。識者陣がヒットの背景を解説する。消費者ニーズに“ビッタビタ”な“ゴン攻め”商品の数々、知らないとマジでヤバいです!! 今回は「シャープ AQUOS R6」を紹介!

 

※こちらは「GetNavi」2021年10月号に掲載された記事を再編集したものです。

 

 1インチセンサーの画質は繊細です

スマホ最大級のセンサーとOLEDディスプレイを搭載

【スマートフォン】 2021年6月発売

シャープ
AQUOS R6

実売価格 13万3920円(ソフトバンク)

 

ライカとのコラボの一眼が見たままの世界を捉える

5G対応スマホ。カメラは老舗メーカーのライカと協業して開発された。従来モデルと比較して約5倍の面積を持つ1インチセンサーと、歪みを1/10に抑えたレンズで、高精細な撮影が可能。残像を抑えて滑らかに表示する有機ELディスプレイだ。

 

【トレンドのツボ】 「メインのカメラ」がスマホになった時代に対応

スマホのカメラは、「とりあえず撮る」から「メインのカメラとして使う」時代に。カメラの性能を前面に押し出したスマホが軒並み売れており、AQUOS R6もその波に乗ってきている。

 

コレも注目!

ソフトバンク
Leitz Phone 1

実売価格 18万7920円

撮影した映像を美しく表示できる6.6型OLEDと、1インチカメラセンサーを採用した、同社初のスマートフォン。高度なモノクロ撮影モードも装備。高級感を醸す外装も魅力だ。