秋といえばおいしいモノが目白押しの季節。そんな“秋の味覚”として有名なのが「舞茸」です。今回セブン-イレブンで購入したのは、そんな舞茸を堪能できる「秋の味覚! 舞茸御飯の幕の内」(550円/税込)。舞茸の炊き込みご飯とバリエーション豊かなおかずが楽しめる豪華な弁当を、さっそくレビューしていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
松のや自慢の「本格唐揚げ」が満を持して“どんぶり”に! 「唐揚げ丼(やみつき胡麻醤油)」で肉の旨味を堪能しよう

 

●「秋の味覚! 舞茸御飯の幕の内」(セブン-イレブン)

同商品のメインはなんといっても大きな舞茸をふんだんに使った炊き込みご飯。ひと口頬張ると、舞茸本来の旨味がじゅわっと溢れてきます。コリコリしたきのこ独特の歯ごたえもアクセントとなり、どんどん箸が進んでしまうかも…。だしの効いたご飯は、食べているうちにほっこり心が落ち着く上品な味わいですよ。

 

たくさんのおかずが少しずつ食べられるのも同商品の魅力。手始めに「じゃがいもにんじん煮」を食べてみたところ、しっかり味の染みこんだじゃがいものおいしさに感動してしまいました。大きくカットされたにんじんも満足度が高く、和食党にはたまらない味わいです。

 

個人的に注目したいのが「とり照り焼き」。他の弁当なら主役級の“肉系おかず”ですが、同商品の中では厚焼き玉子の後ろに静かにたたずんでいます。大きなとり肉が2切れも入っており、見た目以上に食べごたえも抜群。がっつり食べたい気分の時でも安心ですね。

 

他にも「小松菜油揚げ干し小海老炒め煮」「玉葱白滝豚肉煮」など、コンビニ弁当とは思えないほど本格的な和惣菜が脇を固める同商品。特に「枝豆入り魚肉すり身団子揚げ」は、シンプルながら練り物特有の弾力がクセになる逸品でした。また大根の漬物が添えられているのも高ポイント。口の中がスッキリするような、ほどよい酸味が絶品です。

 

購入者からは、「大ぶりな舞茸がたくさん入っていて大満足」「おかずが豊富でびっくり! いろんなものを少しずつ食べたいタイプだから助かります」「舞茸の炊き込みご飯目当てで買ったけど、おかずが全部おいしくて感動した」といった好評の声が続出。あなたも「秋の味覚! 舞茸御飯の幕の内」を食べて手軽に“旬の味”を楽しんでみては?

 

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
専門店監修のこだわりタンメンがコンビニで買える!? ローソンの「東京タンメントナリ監修 1食分の野菜! タンメン」がおいしくてヘルシー