有名店とのコラボレーションメニューが、コンビニで手軽に楽しめるのはうれしいですよね。ローソンでは新たに、全国各地の有名ラーメン店が監修した「名店ラーメン」シリーズを展開中。今回はその中から「中華そば勝本監修 濃厚煮干しそば」(530円/税込)を購入してみました。行列のできる人気店の味わいを、さっそくチェックしていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

【関連記事】
「最高レベル」「ずっと忘れられない」ファン続出の松屋の「マッサマンカレー」 って一体どんな味?

 

●「中華そば勝本監修 濃厚煮干しそば」(ローソン)

同商品を監修した「中華そば勝本」は、東京の水道橋に本店を構える中華そば専門店。元一流ホテルの総料理長が2015年にオープンし、多くのラーメンファンから支持を得る有名店です。優しい口当たりが特徴の「濃厚煮干しそば」は同店の看板メニューの1つだそう。電子レンジで温めると“豚骨煮干しスープ”の香りが漂い、期待感が高まります。

 

豚骨と煮干しの旨味がぎゅっと詰まったスープは名前の通り超濃厚。もちもちの中太麺に塩気の効いたスープがよく絡み、豊かな味わいが堪能できますよ。弾力のあるストレート麺なので、つるっとしたのど越しも爽快感抜群です。

 

トッピングはチャーシュー・なると・メンマ・ねぎ・別添えの海苔。シンプルで洗練された構成から、麺とスープを主役にしていることが伝わってきますね。個人的にお気に入りだったのは大きなチャーシュー。ほどよい脂身がスープと馴染み、口の中に広がるジューシーな肉の旨味がたまりません。

 

とろみがついたかなり濃いスープですが、コクの深い味わいがクセになってついつい飲み干してしまいました。またスープを吸って柔らかくなった海苔も絶品。海苔の風味が味わいを少し変化させて、違った印象を感じることができますよ。

 

実際に同商品を食べた人からは、「煮干しと豚骨、ダブルのコクがガツンと感じられる… こってりしたラーメンが食べたい時にぴったりだね」「ほどよい柔らかさの中太麺がGOOD。麺自体のおいしさが存分に楽しめました」「並ばなくても『勝本』の味が食べられるなんて嬉しい」など好評の声が続出。あなたも「中華そば勝本監修 濃厚煮干しそば」を購入して、やみつきになる“名店の味”を自宅で味わってみては?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
“秋が旬”の食材大集合! セブンの「秋の味覚! 舞茸御飯の幕の内」でだし香る炊き込みご飯を堪能