“いま”爆売れ中の「フード」を紹介し、識者がヒットの背景を解説する。今回は、「飲むチーズケーキ」をご紹介!

※こちらは「GetNavi」2021年10月号に掲載された記事を再編集したものです

 

映えを狙って“ハイチーズ”……華やかな見た目&意外な食感の新潮流チーズケーキが百花繚乱

フードライター

中山秀明さん

本誌でおなじみの、食のトレンドに詳しいフードアナリスト。GetNavi webでも高頻度でグルメ記事をアップしている。

 

味の想像がギリギリできない絶妙な意外性でヒットに

スイーツ業界にはヒットの法則がいくつかあり、そのひとつが定番メニューにユニークな発想を加えて新しいプロダクトを生み出す手法だ。過去の例を挙げれば、クロワッサンドーナツやスフレプリンなどがある。同様の流れでいま大ヒットしているのが、この「飲むチーズケーキ」なのだ。

 

「元来は食べるスイーツを“飲む”という発想で新提案。まったくの未知の味ではなく、キャッチーなチーズケーキをベースにすることで、味の想像がギリギリできない位置にポジショニングさせた点も見事です。この絶妙な意外性が『飲んでみたい!』という消費者心理をかきたて、ヒットの要因となりました。美しい色や盛り付けの“映える”ビジュアルも見逃せません」(中山さん)

 

【トレンドのツボ】スイーツの大定番を新発想で置き換えヒットに

古くはティラミス、最近ではバスチーやD2Cチーズテリーヌなど、チーズケーキはヒットスイーツの宝庫。この定番を、ユニークな発想で提案した「飲む」パッケージがトレンドに。フォトジェニックさも備え納得の人気だ。

 

【新潮流チーズケーキその1】看板メニューをイメージしたコク深さと食感が絶妙

【飲むチーズタルト】 2015年5月発売

パブロ

パブロスムージー 飲むチーズタルト

600円

不動の人気を誇るチーズタルト専門店の「スイーツ店らしいドリンクを開発したい」という思いから誕生。クリームチーズ入りホイップクリームとアプリコットソースの調和と、シュガーコーティングしたタルト生地のサクサク食感が絶妙だ。

↑11月30日までの期間限定で「飲むマスカット」(650円)を販売中。上品で爽やかな甘みがクリームチーズのコクとマッチする

 

【新潮流チーズケーキその2】フレッシュチーズが効いた大阪・梅田の新名物スイーツ

【飲むチーズケーキ】 2018年9月発売

ウメダチーズラボ

飲めるチーズケーキ

500円

「新しいチーズスイーツを探求したい」をモットーに大阪・梅田で開業したチーズスイーツ専門店の名物。2種類のフレッシュチーズと牛乳、ミルクアイスをブレンドし、豊かな食感に仕上げている。

 

【新潮流チーズケーキその3】テクスチャーが変化するコク深いレアチーズの誘惑

【飲むチーズケーキ】 2020年6月発売

青山フロマージュ

クレームフロマージュ

648円

チーズの奥深さを探求し、新しい魅力を発信するスイーツショップが商品化。中身は甘酸っぱくコク深いレアチーズで、タッチはポテッと、飲み進めるとなめらかな口どけに変化する。容器を振るたびに変化する食感が飽きさせない。

 

↑ティーカップのパイ包み「ル・フロマージュ」(648円)も展開。映えるルックスも好評だ