日立グローバルライフソリューションズは、大容量冷蔵庫「まんなか野菜 KWCタイプ」2機種を11月18日から発売します。
 
想定価格は、「R-KWC57R」(内容積567L)が41万円前後(税込・以下同)、「R-KWC50R」(内容積498L)が37万円前後となっています。

R-KWC57Rのカラバリはブラストシルバー(左)、ブラストモーブグレー(右)を用意

 

野菜の取り出しやすさに配慮した「まんなか野菜レイアウト」

KWCタイプは、野菜の取り出しやすさに配慮し、冷蔵庫下部にある2つの引き出しの上段を「野菜」に適した温度帯に設定した「まんなか野菜」レイアウトとし、冷気を直接当てない間接冷却で、野菜の乾燥を抑えながら保存します。また、2つの引き出しは、それぞれ「野菜」「冷凍」「冷蔵」に適した温度帯を選べるので、暮らしの変化に合わせて、「どっちも冷凍」や「まんなか冷凍」などにレイアウトを変えられます。

 

冷蔵室の棚のどこに置いても鮮度が長持ちする「まるごとチルド」や、肉・魚の保存に適した冷蔵室下部の「特鮮氷温ルーム」、冷凍室のホームフリージングできる「デリシャス冷凍」も、引き続き採用しています。

↑まんなか野菜レイアウト

 

銅板を採用した上質なデザイン

また、新デザインとなった外観には、ブラスト加工を施したようなマットな質感でありながら、柔らかな光を帯びた美しい鋼板を採用しています。周囲がほのかに映り込む上品な陰影は、インテリアに溶け込み、落ち着いたイメージを演出します。

↑ブラストモーブグレー

 

アプリ連動で離れた場所でも冷蔵庫内を管理

このほか、冷蔵庫の食材チェック機能を充実させた「日立冷蔵庫コンシェルジュアプリ」に対応。庫内の部屋ごとにスマートフォンで撮影した画像を記録し、保存した食材をチェックする機能に、冷蔵室のドアポケットの画像記録などを追加しました。

↑「日立冷蔵庫コンシェルジュアプリ」では冷蔵庫内の食材を管理できるので買い忘れ防止に役立ちます