ニューバランスは、「WHY YOU RUN?」をキーワードに、走り出した人に向けたオンラインイベントやキャンペーンを展開しています。走る理由やきっかけは人それぞれ。走る人の数だけ、それぞれのストーリーがありますよね。

 

昨今、オンラインランイベントは増えておりますが、ニューバランスのオンラインイベント「NB FuelCell 10K CHARGE」はまた一味違うかも!? と嗅ぎつけた私、走るタレント中村優、イベントスタート当日10月8日に開催されたオープニングランイベントに潜入してきました!

 

NB FuelCell 10K CHARGEって何??

まずは簡単にNB FuelCell 10K CHARGEの説明を。10月8日〜11月28日までのイベント開催期間中に10kmを走れば誰でもエントリー可能。スペシャルサイトのエントリーページから、走行距離を計測できるランニングアプリのスクリーンショットなどをアップロードすると、参加者が走った距離がチャージされていきます。

 

事前登録の必要がなく、全国どこからでも好きなタイミングに参加でき、期間中は何度でも参加が可能。参加者が走行距離をどんどんチャージして、みんなで東京からニューバランスの本社があるアメリカのボストンまでの距離(1万810km)を目指そう! という、新しい形のオンラインイベントです。

↑事前登録不要、参加費も無料です。ゲーム感覚で楽しみ、みんなで喜びを共有できます

 

それぞれ目標距離が定められている5つのステージがあり、目標をクリアするたびに各ステージのゲストと、レイザーラモンRGさんによる音声コンテンツを聴けるようになるので、走行距離がチャージされていく達成感をより感じられそうですね。

 

ランステ利用もできるカフェ&ホテル「OUROUR」からスタート!

そんなオンラインイベントNB FuelCell 10K CHARGEの開催初日に、まずは皆で走ってがんがん距離をチャージしましょう! ということで参加したオープニングラン。ランニングステーションとしても利用できる浅草橋のカフェ&ホテル「OUROUR(アゥア)」(※現在は宿泊は休業しております。)を拠点に、個性豊かなランナーたちと、グールプランで10km走って距離をチャージしました。

↑ラン友の山本まさみちゃん&ヤハラリカちゃんも参加

 

OUROURから墨田川の河川敷まで歩き、トレーナーによるウォーミングアップを実施してから、いよいよランニングです。「速い」「ゆっくり」の2チームに分けて走りだします。

↑もちろん私は「ゆっくり」チームへ(笑)。さぁ、スタートです!

 

↑1km7分ペースで、隅田川沿いを浅草へ

 

↑この日は、非常に暑く、走り出した瞬間から汗が噴き出ます

 

少し浅草の雰囲気を楽しんでから、隅田川を渡りスカイツリー方面に行くのかと思いきや…。三ツ目通りを南下して、休憩スポットの木場公園へ。ここまでおよそ6km。

↑暑くて、少しバテ気味でしたが、用意していただいたフローズンジュースで体が生き返りました。やっぱり皆で走るのって楽しい!

 

少し休憩して、木場公園からは残り4km。帰りは両国から隅田川を渡って、スタート地点に戻ります。

↑無事にゴールです。ゴールをしたら、時計の写真でも、スマホのランニングアプリでも、NB FuelCell 10K CHARGEイベントページからアップロードすると、10kmがチャージされる仕組みです!

 

FuelCell PRISM v2 実走レビュー

イベントタイトルにもなっている「FuelCell(フューエルセル)」というのは、ニューバランスが開発したミッドソールプラットフォームのことで、反発性と軽量性を両立したミッドソールです。FuelCellシリーズとして、ランニングの強度や用途別に様々なモデルが展開されています。

↑今回のオープニングランイベントで履いたシューズは、「FuelCell PRISM v2」

 

薄いけど薄すぎない、抜群の通気性を備えたアッパーは、「N」のロゴ部分でサドルサポートの役割も果たしてくれるそう。さらに内側は安定感を増すためのメッシュデザインになっています。

 

ソールは、内側の山型になっている部分が他の部位より硬くなっているメディアルポストと言われるもので、足が着地時に内側へ倒れ込む「オーバープロネーション」を防止してくれます。簡単にいうと安定性が高くなり、故障もしづらくなるということです。

↑走り始めたばかりの人が走ることを続けられるかどうかは、故障をしないということが重要だと思うので、これから走り始めたい、という人にもおすすめです

 

↑イベントで着用したこちらの「Q Speed ロングタイツ」は、腰のサイドにあるポケットにiPhone(XS)がすっぽりと縦に入ります。走っていても重さも感じずタイツもズレないので、身軽に走りたいときに重宝しそうです。

 

前作「FuelCell PRISM v1」も反発性と安定性のバランスが良く、お気に入りのランニングシューズの一つだったのですが、FuelCell PRISM v2は、FuelCellミッドソールがv1よりも厚くなったからか、さらに履き心地が柔らかい印象です。

↑この日は10km、また別の日に18kmほどの長距離を走った時も、柔らかな履き心地が着地衝撃から脚を守ってくれているようで、走行中疲れを感じにくい気がしました

 

2021年、スポーツの秋にFuelCell PRISM v2を履いてNB FuelCell 10K CHARGEイベントに参加してみてはいかがでしょう。「WHY YOU RUN?」きっかけはなんだっていいんです。普段走っていない人も、ぜひ、走り出してみてください。新しい楽しみが見つかるかもしれません。

 

NB FuelCell 10K

https://10kcharge.com/

 

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】