ロート製薬が運営する「BÉLAIR LAB(ベレアラボ)」は、香りに特化したオープンイノベーションラボ。これまでにeスポーツ選手と香り研究を発表するなど、空間の香りと機能性について研究を進めています。そんなベレアラボが手がけるアロマディフューザー「ナチュラル アロマディフューザー」(1万3200円・税込)は、これからアロマデビューする方から毎日使っている人にも「使ってみて!」とおすすめしたくなる逸品です。

陶器のおしゃれなデザインで、お部屋のどこにおいてもしっくりくる見た目の満足度はすこぶる高い! ボタンを押せばすぐに香りが広がり、持続するので、「こりゃ手放せないわ……」と虜になったアイテムでした。

 

水のいらない「ネブライザー式」だから、部屋全体がすぐ香る!

↑べレアラボのナチュラル アロマディフューザー

 

世にあるアロマディフューザーと聞いて思い浮かぶのは、水を使うものやキャンドルなどで加熱する方法だと思います。しかし、ベレアラボのディフューザーは、水も熱も使わないネブライザー式。これは、アロマオイル自体を微粒子化して霧状に空間へ噴射するので、カビや火事の心配をすることなく使うことができるのだとか。しかも、オイルそのものを噴射しているので香りが濃い! 一瞬で空間に広がります。

 

私もアロマ加湿器を5年ほど使っていますが、アロマのいい香りがするのは最初の10分くらいで、気がつくと「あれ? アロマは?」なんてことも。しかし、ベレアラボのディフューザーは、つけてすぐ&つけている間ずっとアロマが香るんです!

 

例えば、お昼ご飯にコンビニ弁当を食べてもわ〜っと広がる食べ物臭。イヤではないのだけれど、そこから同じ空間で仕事しよう、という気持ちにはなかなかなりにくいもの……。そんなとき、ディフューザーのボタンをポチッとしてみてくださいな! 一気に濃い香りが空間に広がり、仕事モードに。オフィスであれば、場所でモードの切り替えができますが、スペースが限られている在宅ワークにおいて香りでオンオフを切り替えられるのはとっても快適。

 

また就寝時の寝室に置いて使えば、贅沢な香りに包まれ、目をつぶればそこはもう高級ホテル! 音も静かで明かりも小さいので、睡眠の邪魔にもならないのがうれしいポイントでした。

 

水の入れ替えも不要で使い方はめちゃ簡単!

しかも使い方はめちゃ簡単。好きな香りのアロマオイルのフタをとり、スペアノズルを差し込み、ディフューザーにセット。タイマーボタンを押すだけです。面倒な水の入れ替え、内側のお掃除は必要ありません。

↑好きな香りを選んだら、専用のスペアノズルを差し込みます。複数の香りを楽しみたい方は、香りごとのスペアノズルを持っておくのがおすすめです

 

↑向きを合わせてボトルとスペアノズルを入れたら、フタをして完成! 香りを選んでからセッティングするまで1分とかかりません

 

↑タイマーに加えて、アロマの噴射濃度も調整できます。部屋のサイズや置く場所に合わせて選べるなんて気が利いているぅー!

 

またディフューザー自体もそこまで大きすぎないサイズなのがイイ。仕事机の上はもちろん、リビングのテーブル、キッチン脇のスペース、廊下……どんな場所においても邪魔にならないし、ハマる!

↑底面は男性の手のひらの上に乗るくらいの大きさ。高さも20cm未満なので置く場所にも困らないのがうれしい

 

色味もツルツルで真っ白……ではなく、陶器で仕上げられているので、少しざらっとした手触りが心地いいのです。色味も目に優しいほんわかなホワイト。置いてあるだけでも、うん、なんか……おしゃれ!

 

充電式でとっても静かだから、いつでもどこでも好きな場所で使える

デザイン面でも機能面でも満足度の高いディフューザーですが、使っていて驚くのが「静かさ」。ディフューザー独特の「しゅ〜〜〜〜」という音がほとんど聞こえません! 集中したい時やオンラインミーティング中でも、音が邪魔しないのはいいですよね。

 

あと、コードレスなのもうれしいっ……! 約5時間の充電で最大13時間の連続使用が可能なので、朝はリビング、テレワーク中はデスクの隣、ちょっとお出かけする際には玄関で、夜は寝室と、充電しておけば丸1日好きな場所で楽しめます。1・3・8時間のタイマーもついているので、静かすぎるが故の消し忘れもなくて安心!

↑コンセントがない玄関にも置けるぅ〜! ちょっとしたお出かけ前に1時間つけておくだけでも、帰ってきた時の一呼吸目、めちゃくちゃいい香りが残っていますよ

 

専用アロマは全部で13種類。手軽に香りを試せるのもありがたい……!

その日の気分や、仕事中・就寝中などシチュエーション別に香りを選べるといいですよね〜♪ ご安心ください、専用アロマは豊富にありますよ! ベレアラボのアロマは、定番の5種類に加えて、10月1日には8種類が追加され、全13種類のアロマオイルが展開されています。

↑画像左上から右上へRELIEVING GREEN(リリーヴィング グリーン) 3850円、CHEERING BERGAMOT(チアリング ベルガモット) 4950円、画像左下から右下へSINGING SHINCHA(シィンギング シンチャ) 3850円、FLOWING COTTON(フローウィング コットン) 3850円、MELTING AMBER(メルティング アンバー) 4950円/価格は全て税込

 

↑ 10月1日から追加されたアロマディフューザー専用フレグランス。画像左上から右上へSWINGING PEAR (スウィンギング ペアー) 3850円、INSPIRING KODO (インスパイアリング コードー) 8800円、DREAMING GARDENIA (ドリーミング ガーデニア) 8800円、BRIGHTENING CITRUS (ブライトニング シトラス) 4950円、画像左下から右下へLOVING FIG (ラヴィング フィグ) 4950円、PURIFYING GINGER (ピュリファイイング ジンジャー) 8800円、SMILING TEAONY (スマイリング ティオニー) 4950円、CHILLING LEMONTEA (チリング レモンティー) 8800円/価格は全て税込

 

これだけあると何から選んでいいかわからなくなってしまいますが、ベレアラボのアロマなら、名前やインスピレーションだけで決めても大丈夫。専属調香師がブレンドしたアロマは、良い香りばかり!

 

今回、いくつかお試しさせてもらったのですが、イチオシは「INSPIRING KODO」。伽羅(香木)を含んだ和のフレグランスで、日々荒んでいく心を落ち着かせてくれました。ちょっぴりダルい朝でもこれを使うだけで、気持ちがシャキッと整う感覚に。甘すぎず、芯のある香りなので、男性にもオススメです。オフィスや電車の中でふわっと香ったら……そりゃもうメロメロですよ(笑)。

↑イチオシの香り「INSPIRING KODO」

 

また気持ちが塞ぎがちなときには、「SWINGING PEAR」の甘く軽やかな香りや、「CHEERING BERGAMOT」の優しく包み込まれるような香りを使えば、一瞬でリフレッシュ&リラックスできちゃうはず。

 

ちなみに「RELIEVING GREEN」に含まれるグリーンの香料成分Restful Greenは、デジタル疲れや不眠にも有効との検証結果がでたのだとか。

↑デジタル疲れや不眠にも!「RELIEVING GREEN」

 

テレワーク中はもちろん、寝室でも活躍してくれます。使いたい場面や時間など、シチュエーションを想像しながら好きな香りを選べるのが楽しいですよね。

 

「たくさんありすぎて香りを選べない!」という方には、シーン別に5つの香りがセレクトされたミニボトル(2ml)の「ルームフレグランススプレー ミニボトルセット」もオススメです。

↑「ルームフレグランススプレー ミニボトルセット」(2860円〜)。気になる香りを試してから、実際にディフューザーとアロマオイルを購入できるのはうれしいポイントです。また11月30日まで「香りのアート展 ONLINE」も開催中とのことで、こちらでお気に入りを見つけるのもアリ

 

一気に香りが広がる快適さと、使い勝手の良さが決め手で購入を決定!

今回、実際に1週間ほどサンプルを使わせてもらいましたが、家族会議によってディフューザーの購入を決定!(笑)。決め手は、一気に香りが広がる快適さと、コードレスの使い勝手の良さ。一度使えば、手放せなくなるアロマディフューザーでした。なお、本機は東京・有楽町にある体験型ストア「b8ta(ベータ)Tokyo – Yurakucho」と11月15日にオープン予定の渋谷「b8ta Tokyo – Shibuya」で実機をチェックできますので、興味のある方は訪れてみてください!

 

ここ1年半ほどで、おうち時間の使い方も大きく変わりました。リモートワークが中心となり、仕事空間と住空間とのバランスに悩んでいる方は、アロマの香りでオン・オフを切り替える方法をぜひ試してみて。お部屋の香りを変えるだけでも、一気に仕事モードやリラックスモードに切り替えられますよ!