〜週末お取り寄せグルメ〜

 

和菓子と洋風の食材を組み合わせたスイーツを見かけることも多い昨今。今回セレクトした「西洋大福なみだ」は“西洋大福”という名前の通り、新感覚の食感が楽しめる和洋折衷スイーツです。「めざましテレビ」(フジテレビ系列)で紹介されて注目を集めた同商品ですが、一体どのような味わいを楽しめるのでしょうか?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

 

●「西洋大福なみだ」(清水屋食品)

パンの製造販売などを手がけ、月間13万個もの出荷数を誇る「生クリームパン」で人気の清水屋食品。同社の新たな看板商品として登場した「西洋大福なみだ」(2380円/税込)は、本格わらび餅生地に濃厚なクリームを閉じこめた一品です。今回はいちご味とカスタード味が楽しめる2種6袋セットを購入しました。

 

お取り寄せの場合冷凍された状態で届くため、食べる際は冷蔵庫で解凍してください。解凍後さっそく一口頬張ると、わらび餅生地の独特の食感にビックリ。“もちもち”と“ぷるぷる”の間のような食感がたまりません。生地自体はほんのり甘く、冷たくて清涼感のある舌触りがGOOD。北海道産生クリームを使って仕上げた濃厚なクリームが、もちもちぷるぷるの生地からトロっと溢れてきますよ。

 

淡いピンク色のいちごクリームは、まろやかな甘みとさっぱりした酸味が絶品。細かい果肉が入っており、爽やかないちごの香りがフワっと広がります。噛むたびに風味豊かないちごクリームが口の中でとろけて、わらび餅生地と溶けあうような食感を堪能できました。

 

一方カスタードはもったりとした甘さの濃厚な味わいです。同社の人気商品「生クリームパン」に使われている特製生クリームとカスタードをミックスしたもので、コク深い卵の味わいが格別。わらび餅生地の優しい甘さとツルっとした食感によって、クリームが濃厚でもくどく感じないのがポイントですよ。

 

実際に購入した人からは「ぷるぷるした食感とクリーミーな味わいが最高」「わらび餅といえば黒蜜のイメージだったけど、いちごやカスタードがこんなに合うなんて…!」といった反響が続出。独特の食感と風味豊かなクリームが楽しめる「西洋大福なみだ」で、新感覚の味わいを堪能してみては?

 

 

「西洋大福なみだ」(清水屋食品)