ソニーは10月26日、Xperia専用のスマホ差し込み型ヘッドセット「Xperia View」を発表。11月19日に発売します。市場想定価格は3万円(税込)前後です。

 

Xperia Viewは、スマホを活用したVR視聴体験において、世界で初めて8K HDR映像で対角120度の広視野角を実現したとうたうヘッドセット。フラッグシップの「Xperia 1 Ⅲ」と、「Xperia 1 Ⅱ」を使ってVRを視聴できます。

 

本体には、Xperiaの21:9ディスプレイに合うよう、光を集光する非球面レンズと高い集光効率のフレネルレンズを一体化した独自レンズを搭載。これにより、対角120度の広視野角を確保しています。また、Xperiaの4K HDR有機ELディスプレイや、120Hzのリフレッシュレートによって、まるで現実の世界のように感じる没入体験が可能とのこと。

 

 

さらに、Xperia View専用アプリの「設定」内にあるレンズ間隔調整で、自分の目の間の距離とレンズの位置を合わせることが可能。

 

なお、コントローラーは不要で、Xperiaの側面ボタンで直感的な操作が可能なほか、Xperiaにカバーを付ける感覚でヘッドセットに取り付けられるなど、手軽に使える点も特徴です。

 

Xperia View対応のサービスはいまのところ、DMM動画と360channelとなっています。