家具から雑貨、食品など幅広い商品を取り揃える無印良品。同社から販売されている「土釜おこげ」は、火加減を途中で調節することなく手軽にごはんが炊ける土鍋です。以前放送された「教えてもらう前と後」(TBS系列)では、“無印良品LOVER100人の声”を紹介するコーナーで同商品をピックアップ。SNS上でも「おこげごはんを手軽に楽しめるの最高」「炊飯器を手放せるくらいおいしく炊けて大満足!」と高い評価が寄せられています。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
かご収納のプロが「便利なかごランキング」第3位に選んだ「重なるラタン 長方形バスケット」レビュー

 

●直火で手軽に炊飯ができる「土釜おこげ 1.5合炊き」(無印良品)

みなさんはごはんを炊く時、炊飯器と土鍋のどちらを使用していますか? スイッチを押すだけの炊飯器はとても便利ですが、ごはんのおいしさを引き立てる土鍋も魅力的。そこで私も土鍋で炊くごはんを楽しむべく、無印良品で販売中のアイテムをチェック。「土釜おこげ 1.5合炊き」(3900円/税込)という商品を発見し、さっそく購入してみました。

 

伊賀焼の重厚感あふれる質感や色合いが印象的な同商品。手にしてみると思いのほかズシリと重く、付属のフタも土鍋本体と同じようにしっかりと厚みがあります。商品ページによれば、肉厚な構造は熱がじんわりと伝わるため炊飯に理想的。蒸らしの間に追い炊き効果も加わることで、おいしいごはんとおこげができるそうです。

 

それではさっそく「土釜おこげ」を使い、炊飯に挑戦していきましょう。従来の土鍋ごはんは途中で火加減を調整する手間があるものの、同商品は弱めの中火で炊けばOK。その間は手を止めることなく他の調理に集中することができます。約12〜14分してから火を止め、20分ほど蒸らせばホカホカごはんのできあがり。

 

肝心のおこげですが、画像のとおりごはんの一部にしっかり焦げ目が。今回は白米で挑戦しましたが、玄米や炊き込みごはんもおいしく炊けるのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

購入者からは「炊飯器よりふっくら仕上がってびっくりした」「炊き込みご飯にしっかりおこげをつけられて幸せ」などの反響が続出。「土釜おこげ」を使って、おいしい“おこげライフ”を楽しみましょう!

 

【関連記事】
時間設定ボタンはどこ? 「無印良品 夏のベストヒット商品」第3位に輝いた「ダイヤル式キッチンタイマー」レビュー