サンマやサツマイモ、栗などが挙げられる“秋の味覚”。旬の食材を使った料理がお腹を満たしていく感覚は、温もりとともに幸福感ももたらしてくれますよね。私も山の幸・きのこを堪能できる料理が食べたくなり、さっそく各社コンビニで販売されているメニューをチェック。ローソンで「新そば 国産4種きのこ 〜北海道産玄そば使用〜」(498円/税込)という商品を発見し、迷わず購入してみました。果たしてお味のほどは……?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
スピード再販も納得のおいしさ! 松のや「本格唐揚げのやみつき油淋鶏定食」はゴマ油&醤油ベースの“香味ダレ”が最高

 

●「新そば 国産4種きのこ 〜北海道産玄そば使用〜」(ローソン)

そばをいただく前に気になったのは、商品名にも含まれている“新そば”という名称。なにが新しいのか調べてみたところ実はそばにも旬があり、現代では夏と秋に収穫したものを新そばと呼んでいるそう。同商品の場合は2021年度収穫の“北海道産玄そば”が使用されているので、4種のきのこだけでなくそばの味わいにも期待が高まります。

 

そばのボリュームもさることながら、負けじと存在感をアピールしてくるたっぷりのきのこにも目が向く同商品。トッピングされているのはエリンギ・ぶなしめじ・舞茸の“きのこ煮”と味付なめこで、口に運ぶとそれぞれ異なる風味が広がっていくことに。たとえばコリコリの食感が楽しめる舞茸は、濃厚な味わいもしっかり尾を引いていきました。

 

きのこ特有の奥深い香りで口の中がいっぱいになる一方、食感に変化をもたらしてくれたのが味付なめこ。味付といってもなめこの持つ“ぬめり”は失われておらず、他のきのことは異なるなめらかな口あたりがたまりません。

 

気になっていた新そばも、噛めば噛むほど伝わってくる風味とほどよい弾力が印象的。もちろんそばつゆとの相性はよく、きのこと一緒にいただいてもぶつかり合うことのない絶妙な味わいに驚かされます。

 

既に同商品を購入した人からは絶賛の声が続出。ネット上には「ボリュームたっぷりだけど低カロリーなのが嬉しい」「4種類のきのこがそれぞれの味わいを楽しませてくれて大満足!」などの反響が寄せられています。あなたも「新そば 国産4種きのこ 〜北海道産玄そば使用〜」を選んで、秋の味覚をじっくり堪能してみては?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
こんなに丁寧な味つけで250円台!? 繊細な味つけが光るセブンの冷凍食品「ボンゴレビアンコ」はコスパ最強!