みなさんは“子どものころから大好きな味”といえば、どんなメニューを頭に浮かべますか? たとえばハンバーグやカレーライスといった名前が挙げると思いますが、私は素朴な味わいを楽しめるチキンライスも大好きです。そこで今回は、ローソンで販売されている冷凍食品「チキンライス」(138円/税込)をセレクト。どれほどの実力を備えているのか、じっくりレビューしていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
このボリュームで1コイン!? 松屋の「にんにくバターのチキンコンボ牛めし」が味・香り・コスパよしの3拍子だった!

 

●「チキンライス」(ローソン)

1人分にぴったりの内容量(180g)とはいえ、たった“138円”という衝撃の安さに驚かされる同商品。袋ごと加熱(500Wで約3分30秒、600Wで約3分)してから開封すると、一気にチキンライスの濃厚な香りが室内へ広がることに。思わず「これこれ!」と、うれしくなるほどのこうばしさで、早くも軽々と期待を上回ってきました。ちなみに包材がそのままお皿代わりになるので、忙しくて洗い物を減らしたいという人にもぴったりですよ。

 

 

皿に移し替えたチキンライスは、トマトケチャップを使用したメニュー特有の鮮やかな色合い。さっそく口に運んでみたところ、濃厚でありながら繊細さも感じさせる風味が一気に広がっていきました。トマトの旨味を引き立てつつ、クセが強くなりすぎないよう全体の味を整えたバランス感はお見事と言うほかありません。

 

同商品にトッピングされているのはグリーンピースやとうもろこし、たまねぎなど定番の具材。個々の味わいがチキンライスの風味に重なり、さらに奥深いコクを感じさせてくれます。トッピングの中でもとり肉の旨味は別格で、小ぶりにカットされているにもかかわらず存在感抜群!

 

冷凍食品とは思えない丁寧な味つけで満足感が高く、まだまだ余裕でお腹に入りそうな気配。私のようにチキンライスが大好きな人にとって、2袋購入しても300円しないのは大きな魅力ではないでしょうか。

 

購入者からは絶賛の声が相次いでいて、「ベタつかずパラパラに仕上がってるのがすごい!」「食べた瞬間ぶわっと懐かしさが込み上げてくる」「チキンライスに卵を加えてオムライスにしたら最強になった」といった反響が続出。あなたもシンプルだからこそ味わえる「チキンライス」の旨味を、じっくり堪能してみてくださいね。

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
これぞ“老舗洋食店監修”の実力! ローソンの「センターグリルお墨付き! ナポリタン」が放つケチャップソースのまろやかな味わい