家具・インテリアの販売で知られ、寝具や生活雑貨など豊富な商品を取り揃えているニトリ。同社の「シリコン電気式湯たんぽ」は、お湯交換の必要がなく繰り返し使える湯たんぽです。11月9日に放送された「バゲット」(日本テレビ系列)では、“ニトリのあったかアイテムTOP5”第2位として同商品を紹介。果たしてその実力は……?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
日々の体重管理が欠かせない人は要注目! コンパクトで場所を取らない「デジタルミニ体組成計(ホワイト)」レビュー

 

●繰り返し使える“充電式”の防寒グッズ「シリコン電気式湯たんぽ」(ニトリ)

気温がだんだんと下がってきた影響で、既に暖房器具を用意した人は多いと思います。私も普段は就寝時の冷え対策に湯たんぽを使っていますが、愛用品が古くなったので買い替えを決意。ニトリにて「シリコン電気式湯たんぽ」(2490円/税込)というアイテムを購入したので、どのように扱うのかさっそくチェックしていきましょう。

 

従来の湯たんぽはプラスチックや金属製のタンクがほとんど。一方同商品は、その名前が示すとおり本体にシリコンとABS樹脂を使用しているのが特徴です。ちなみに本体のサイズは21.5(幅)×14.5(奥行)×6cm(高さ)。既に水が入っている状態とはいえ、コンパクトなので持ち運びに苦労しません。

 

何より注目したいのは、熱湯を入れて使うのではなく充電によって中の水を温めるということ。本体の安全蓋を開けると小さなコンセントが現れるので、まずは蓄電プラグコードを挟んでプラグを接続。続けて反対側の電源コードを家庭用コンセントに差せば準備完了で、充電が始まると本体コンセント横の蓄熱ランプが赤く点灯します。

 

15分ほどすると通電が自動停止したので蓄電プラグを外したところ、本体が思いのほかしっかり熱を持っていてびっくり。保温時間は最大約2時間ですが、そのまま使用すると低温火傷などの原因になるので付属の保温袋に入れて使いましょう。

 

 

熱湯を準備する手間や、中の水を交換する手間が省ける同商品。ネット上でも「温まるまでそんなに時間がかからなくて便利!」「冷え込みがちなオフィスワークのお供にぴったり」といった評価が寄せられています。あなたも「シリコン電気式湯たんぽ」を効果的に使って、冬の寒さを乗り切ってくださいね。

 

 

【関連記事】
にゃんて可愛いマグカップ… 「ヒルナンデス!」紹介でネコ好きのハートを刺激した「耐熱ガラスマグ ミケネコ」レビュー