衣服から生活雑貨まで幅広い商品を取り扱う無印良品は、魅力的な食品の数々でもおなじみ。レトルトやフリーズドライなど様々なメニューが並んでいるので、どれにしようか迷ってしまいますよね。そこで今回は、肌寒い季節にぴったりな「食べるスープ ユッケジャンスープ 4食」(390円/税込)をセレクトしてみました。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
無印のビーフカレーに新入り登場! ほどよい辛味が楽しめる「素材を生かした フォン・ド・ヴォーのスパイシービーフカレー」が絶品

 

●「食べるスープ ユッケジャンスープ 4食」(無印良品)

無印良品の「食べるスープ」シリーズは、お湯を注ぐだけで簡単に調理ができるフリーズドライのスープ。作りたてのおいしさを味わえるフリーズドライの特長を活かし、選び抜かれた具材はもちろん食感・色合い・味を楽しむことができます。ちなみに9月15日に販売がスタートしたばかりの同シリーズには、「食べるスープ コムタンスープ 4食」(390円/税込)や「食べるスープ なめこの赤だし 4食」(同)もラインナップされているので併せてチェックしてみてください。

 

 

1食分あたりの内容量は、マグカップにぴったりの6.1g。熱湯160mlを注いで軽くかき混ぜ、約1分ほどで完成です。下の画像からもわかるとおり、できあがったスープの表面は具材でびっしり。それもそのはず、使用されている具材は牛肉・ほうれん草・にんじんなど6種におよびます。さっそくいただいたスープは豆板醤やコチュジャンが効いていて、あっという間に口の中を覆った辛味が印象的。気づけば汗が流れ出ているほどでした。

 

辛さの主張が強いものの、スープに負けじと各具材も存在感を発揮。たとえばユッケジャンスープに欠かせない“ぜんまい”は、しっとりした食感の中に深みのあるコクを感じさせてくれます。また牛肉は歯ごたえもよく、噛めば噛むほど広がる旨味がたまりません。

 

購入者からは絶賛の声が相次いでいて、ネット上には「ピリっとした辛さをしっかり堪能できるし、ごはんを入れて食べてもおいしい!」「時間がない時にサっと本格的なユッケジャンスープが作れるの最高」「思いのほか具材たっぷりで1杯の満足感が大きい」といった反響が続出。温かいスープが飲みたくなった時は、同商品を選んで体の内側から温まりましょう。

 

 

【関連記事】
ごはんにかけるだけですぐ完成! 優しい味つけの「ごはんにかける サムゲタン」(無印良品)は冬の朝ごはんにもオススメ