牛丼チェーン店舗数“日本一”を誇るすき家は、その栄誉に相応しくバリエーション豊かな牛丼メニューを展開。個性的な商品の登場を楽しみにしているすき家ファンは多いと思います。かくいう私も、11月17日に販売がスタートした「にんにく白髪ねぎ牛丼」(560円/税込)をテイクアウト。どんな味わいを楽しめるのか、じっくり確かめていきましょう!

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます

 

【関連記事】
パラパラなのにもちもちなご飯がGOOD! 香り豊かな「5種具材の香味炒飯」がローソンから登場

 

●「にんにく白髪ねぎ牛丼」(すき家)

最初に驚かされたのは、文字どおりゴロゴロと散らばったフライドにんにくの数。商品名に堂々と冠しているとはいえ、まさかこれほどの量が入っているとは……。それだけにさぞかし強烈な香りを放つのかと思いきや、フタを開けると白髪ねぎのこうばしさも存在感をアピール。ごま油香るピリ辛旨塩だれがかかっているため、より豊かな香りが漂ってきます。

 

さっそく白髪ねぎからいただいたところ、香りだけでなく旨塩だれのピリっとした辛さも刺激的。白髪ねぎの味わいも損われておらず、絶妙なバランスによってお互いに引き立て合っている印象です。また、白髪ねぎといえば、味・香りに加えて“食感”の魅力も忘れてはいけません。シャキシャキとした歯ごたえは実に心地よく、白髪ねぎ本来の持ち味をしっかりと楽しむことができました。

 

続いては、たっぷりトッピングされたフライドにんにく。噛んだ瞬間こそスっと優しい味わいが口の中になじんでいくものの、後を追うようにじわりじわりと濃厚なコクが。しばらく後を引く風味は、まさに「にんにくならでは」と言えます。

 

もちろん白髪ねぎとにんにくは、すき家自慢の牛肉やツユがたっぷり染みこんだごはんと相性バッチリ。インパクト抜群なビジュアルからクドくなりすぎないか気になっていたものの、仕上げに振りかけられたブラックペッパーが全体の味わいをしっかり引き締めてくれました。

 

既に同商品を味わった人からは、「白髪ねぎのこうばしさとにんにくの味わいに深みがあっておいしい!」「たっぷりのにんにくが仕事で疲れた体にめちゃくちゃ効いてくる」といった声が続出。「にんにく白髪ねぎ牛丼」が放つインパクトを、あなたもぜひ正面から受け止めてみてくださいね。

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
肉料理好きを唸らせる圧倒的コンボ感… セブンの「まんぷく! 肉盛りコンボ」が放つ4種の旨味に大満足