24mmと厚みのある合板を使った家具作り。3×6(サブロク)板一枚からすべての部材を切りだせるのがうれしい。

がっちりとしたチェアの製作方法はシンプル。ポイントとなるのは側板の加工。脚の斜めカットと背もたれの斜めカットは、あえて角度を統一することにより、すっきりとした印象を持たせることを狙っている。実際に合板の上に寸法を落とし込み、設計図を書いた上で取りかかると作業しやすい。

 

 

上の写真では座面の上にクッションを載せて使用している。使用者にあわせて座面の高さや背もたれの角度を調整すると、よりフィット感の高い椅子となる。

 

チェア構造を下から見た様子。座板は前板と後板が補強となり支えている

 

 

<主な使用工具>
丸ノコ、インパクトドライバー(ドライバービット2番)、丸ノコ用角度定規、サシガネ、クランプ、メジャー

 

製作◎ドイトウィズリ・ホーム

掲載データは2017年8月時のものです。