サンドベーカーやハンドブレンダーなど、魅力あふれるキッチングッズで人気のブランド・Vitantonio。同社の「TWISTEA PLUS(ツイスティープラス)」は、ティーポットとタンブラーが1つになった「TWISTEA」をより大きなサイズにしたアイテムです。茶葉と抽出されたお茶を分けて好みの濃さをキープできる同商品は、お茶好きな人への贈り物にぴったり。紅茶や中国茶など「お茶にはちょっとしたこだわりを持っている」という人にも喜んでもらえるのではないでしょうか。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

●茶葉と抽出されたお茶をセパレートできる「TWISTEA PLUS」(Vitantonio)

冷え込みが厳しくなり、ティータイムに一層ありがたみを感じる季節。茶葉から準備して飲むアツアツのお茶は、体を芯から温めてホっとさせてくれます。ただ茶こしや急須、湯飲みを用意するのがちょっぴり面倒なのも事実。そんな話を友人にした際にオススメされたのが、「TWISTEA PLUS」(メーカー希望小売価格:2860円/税込)という商品です。果たしてその実力は……?

 

実は、以前放送された「グッとラック!」(TBS系列)の中で、“使ってみたらグッときた! 私のイチオシ商品”の1つとして取り上げられている同商品。二重構造を採用したボトルは握っても熱くならず、結露を防ぐという利点もあります。

 

全体のサイズは約67(幅)×67(奥行)×215mm(高さ)のスリムボディ。お茶を準備する手順はまず本体を逆さにして下フタを開け、適量の茶葉をフィルターへ。向きを戻して上フタを開け、上本体と下本体の間の弁が開いているか確認してからお湯を注いでください。

 

 

あとは好みの濃さでもう1度逆さにしてお茶を落とし、弁を閉じれば茶葉との分離が完了。作業工程に手間を感じることはほとんどなく、自分好みのおいしいお茶を淹れることができました。

 

購入者からは絶賛の声が相次ぎ、「好みの濃さをキープしながら飲めるのがイイね!」「持ち運べるティーポットとしてめちゃくちゃ便利」などの反響が。親しい人に同商品をプレゼントして、ティータイムをスマートに過ごしてもらいましょう。