1946年にイギリスで生まれたアウトドアブランド「カリマー」。1957年にはリュックサック分野へ進出し、トップクライマーたちの果敢なチャレンジのサポートを開始。世界に名を馳せるクライマーと共同研究を重ね、多くの革新的なプロダクトを開発してきました。そんなカリマーのノウハウとテクノロジーをバックボーンに、背負い心地と使い心地が共存するミニマルなデザインに仕上げた新作バックパック「M daypack」が登場しました!

 

【カリマー「M daypack 」の写真を先見せ(画像をタップすると拡大表示されます)】

シンプルな見た目とは裏腹な充実の収納力と小ネタを完備!

本作は、アウトドアフィールドを背景とするカリマーのアイデンティティを、リモートワークやワーケーションといったニューノーマル時代の働き方にフィットする機能へとデザイン。無駄を省いたシンプル&シックな表情に仕上げることで、現代のライフスタイルの新たな定番となるバックパックを目指して開発されました。

↑ボディの生地は、工場から廃棄された製造廃棄物を回収・再生利用した高機能リサイクルナイロン「CORDURA(R) ECO」を採用。さらに、耐摩耗性に優れたsilvaguard+コーティングを施すことで耐久性を高め、タフな使用を可能にしています

 

↑2気室に分かれた本体のメインコンパートメントには、15インチまで収納できるPCスリーブやメッシュポケットを設けています

 

↑サブコンパートメントにもタブレットPCが収納できるポケットを装備

 

↑フロントポケットにはオーガナイザーを搭載していて、スマホや小物を分けて収納できます

 

↑収納しやすいよう深めに設計されたボトルホルダーが両サイドに付きます。さらにそれらの差し込み口には伸縮ゴム、筒部分にはマチが設けられてて、様々なサイズのボトルに対応。こういった小ネタにこそ、カリマーの真価が表れていますね

 

↑バッグを背負ったまま物を取り出せる、サイドジッパーポケットも備えていています

 

 

本作は長く愛用する事ができる“マスターピース”を目指した、カリマーの新たな魅力を魅せるバックパックとなっています。一見するとシンプルそのものですが、サイドのボトルホルダーの構造やサイドジッパーポケットといったディテール使いが、気が利いているんですよね。“神は細部に宿る”って言いますよね? カリマーの本気の姿勢と、培ってきた歴史が垣間見えるバッグではないでしょうか。

カリマー
M daypack
サイズ:H45×W33×D18.5cm/容量:25L
1万6500円(税込)