様々などんぶりメニューを販売する“なか卯”の中でも、特に親子丼と京風うどんは長年愛されている看板商品。そんな人気メニュー2つが合体して生まれたのが、今回購入した「ねぎ親子がけうどん」(600円/税込)です。卵とうどんの相性に注目しながら、さっそくレビューしていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます】

 

【関連記事】
カップ麵よりも手軽でコスパ最強! ファミマの冷食「ダブルソースの香ばしソース焼きそば」は風味豊かな濃厚ソースがたまらない

 

●「ねぎ親子がけうどん」(なか卯)

1つ1つ店舗で手作りした親子丼の具を、ご飯の代わりにうどんと組み合わせた同商品。テイクアウトで購入したところ、「ピリ辛柚子スパイス」が別添えでついてきました。また、うどんの上にねぎがたっぷりトッピングされているのも注目ポイントです。

 

まずは“親子がけ”の部分から味をチェックしてみることに。一口食べると、卵の甘みとコクが凝縮された優しい味わいが口いっぱいに広がりました。卵本来の旨味がしっかり感じられるのは、「こだわり卵」を使用したなか卯の親子丼ならでは。一方で親子丼と決定的に異なるのが、うどんだしをたっぷり吸った卵がフワフワのトロトロになっている点です。噛むたびに口の中でじゅわっとだしが溢れ出てくるのがたまりません。

 

うどんはしっかりとコシがあって、トロトロの卵を絡めて食べるとおいしさ倍増。トッピングされた香り高いねぎの風味も、優しいだしの味わいと相性バツグンでした。シャキシャキっとしたみずみずしい食感も良いアクセントになりますよ。

 

卵とうどんの組み合わせをしっかり味わったところで、「ピリ辛柚子スパイス」を加えてみましょう。うどんだしに溶かすと、ピリっとした刺激と柚子の風味が加わってクセになる味わいに。卵のまろやかな甘みやねぎの風味を損なうことなく、スパイシーかつ爽やかな味への変化を楽しめます。

 

実際に購入した人からは「うどんと親子丼がこんなに相性良いなんてビックリ」「うどん自体はあっさりした味だけど、シャキっとしたねぎとピリ辛のスパイスがアクセントになってて全然飽きない!」と言った声が。なか卯のこだわりが詰まった「ねぎ親子がけうどん」で、うどんと親子丼の優しいハーモニーを堪能してみては?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
豚焼肉が衝撃の柔らかさ!? ローソンの「これが厚切り豚焼肉弁当」を実食レビュー!