澄んだ夜空に星が瞬き、焚き火が楽しい秋冬キャンプ。温かい料理のウマさが身に染みる季節だ。この時期のキャンプは初心者には難しく感じられるかもしれないが、アイテム次第で快適になる! 今回は、膝かけにもなる「インナーシュラフ」を紹介。

※こちらは「GetNavi」2021年12月号に掲載された記事を再編集したものです。

 

インナーシュラフを足して手持ちのシュラフが冬仕様に

【就寝時の温度調整にマスト】

Sumolux

フリースインナーシュラフ

2108円

フリース素材でできたインナーシュラフ。シュラフの内側にセットして毛布のように使う。洗濯できるので、丸洗いしにくいシュラフを清潔に保てるという効果もある。

 

↑膝かけとしても活躍。質量642gと軽量なので携行性に優れる

 

↑片面と足元がファスナーで開閉できる仕様。手軽に温度調整できる

 

【澄田’s Point】軽量かつ温かいフリースは膝掛けや敷物としてもOK

「冬キャンプ用にシュラフを新調するかは悩みどころ。春〜秋用のシュラフを持っているならば、まずはインナーシュラフをプラスしてみて。意外と温かく過ごせますよ」(澄田さん)

 

私が選びました!

キャンプ好きライター

澄田直子さん

キャンプ歴15年。体力の衰えとともにミニマルキャンパーに移行中。最近は車中泊が定番スタイル。

 

※本稿の価格は10月13日時点のもの(編集部調べ)