ソニーは、「wena 3 Frosted Black Edition Styled for Xperia」を、1月28日に発売します。市場想定価格は7万5000円で、限定1000本の販売です。

 

同製品は、wenaシリーズとしては初めて文字盤と背面にソニーのロゴを配置したアナログ時計。バックル部分はブラックの「wena 3」モジュールを搭載しています。

 

デザインは「Xperia 1 III」のフロストブラックに合わせてスタイリングされた、凛々しさと力強さを体現したモデル。クロノグラフのストップウォッチボタンは、Xperia 1 IIIのシャッターボタンと同じクロスローレット模様です。

 

文字盤は落ち着きのあるマット加工、インデックスは微細なヘアライン加工で、艶をやや抑えた質感ですが、ロゴの部分は艶のある仕様で、角度によってさりげなく輝きます。

 

ケースとバンドをつなぐ「先かん」をなるべく低い位置にすることで、腕にフィットする構造にしており、ソリッドバンドを用いて装着感を向上させています。

 

発売日となる1月28日には、すべてのwena 3を対象にソフトウェアの無償アップデートを実施し、「カメラシャッター」と「ミュージックコントロール」の新機能が追加されます。カメラシャッターはスマートフォンのカメラアプリのシャッターをwena 3からアイコンを押すことで遠隔で切ることができ、ミュージックコントロールはディスプレイ画面に表示されるアイコンを用いて、音楽の再生と一時停止、曲の送り戻し、ボリュームをコントロールできます。

 

また、Xperia 1 IIIと接続している場合は、「Xperia camera app」のアイコンをタップすることで、Xperiaにプリインストールされているカメラアプリ「Photography Pro」のシャッターを切ることができます。Xperia camera app対応機種は1月28日時点でXperia 1 IIIのみですが、「Xperia 1 II」「Xperia 5 II」「Xperia 5 III」「Xperia PRO」「Xperia PRO-I」も、以降のOSアップデートで対応予定となっています。