PC周辺機器メーカーのエレコムは、同社初となる家電プロジェクトの第一弾として、一台で調理から食事まで完結するIHホットプレート「HOT DISH(ホットディッシュ)」を発表。1月19日より、クラウドファンディングサイトMakuakeにて先行販売を開始します。実売予想価格は2万1780円(税込)となっています。

 

ホットプレートでは難しい汁物調理も可能

家電プロジェクトは、『人々の生活から切っても切り離せない「食」を通して、おうち時間をもっと豊かな時に変えたい』という想いのもと、発足しました。そして、同社のライフスタイルブランド「LiFERE(リフィーレ)」より、第一弾として登場した調理家電が「HOT DISH」です。

 

温度調整はレバー式スイッチで感覚的に操作可能。WARM、LOW、MID、HIGHの4段階で調整します。焼きプレートには伝熱性に優れたセラミックコーティングが施されており、焼く・炒めるといった調理でも焦げつきにくく、汚れも落ちやすいのでお手入れが簡単です。また、プレートは通常のホットプレートより少し深めの作りなので、豚汁やエビチリなどの汁物調理にも活躍します。

↑レバー式スイッチなので操作も簡単

 

↑少し深めの焼きプレート

 

お皿のように食卓に馴染むホットプレート

本製品の最大の特徴は、「機器っぽさ」をなくしたデザイン。インテリアの一部として、毎日の食卓の風景に自然に溶け込むデザインを目指したとのこと。サイズは幅268.7×高さ268.7×奥行き143.8mm(IHクッキングヒーター、焼きプレート、ふたを含む)となっており、一人暮らしにも便利なサイズ感となっています。”出しっぱなし”でも邪魔にならない大きさなので、卓上で調理して、そのまま一皿として食事を楽しむこともできます。